ヴァン・ヘルシング

| | コメント(2) | トラックバック(0)

世界41カ国同時No1という魅力的なキャッチコピーのヴァン・ヘルシングを見てきました。全米No1の映画はありふれてる今、宣伝のキャッチも大変ですねぇ。
モンスターハンター、ヴァン・ヘルシング。過去の記憶をうしなっている彼は、それを取り戻すためにローマ・バチカンの秘密組織の命を受け戦い続けている。今回の任務はトランシルヴァニアのドラキュラ伯爵を倒すこと。トランシルヴァニアではドラキュラ伯爵と戦いつづけている一族の末裔、アナ王女と出会い手を組む事に。フランケンシュタインのモンスターや狼男も入り乱れ、果たして彼はドラキュラ伯爵を倒す事が出来るのか!ってな感じの話でした。

VFXはとてもよく出来ていて凄いです。ドラキュラや狼男への変身シーンや、ドラキュラの飛行形態から人間型への移行などなど。公式にある5分に1回ってのも決してオーバーでないぐらいに。ドラキュラとの対決がメインですが、それ以外にもいろいろなモンスターが作品を越えて登場してくるので、かなり派手な感じでした。 その反面、散漫としているとも。基本的にアクションシーンの連続なのであまり考えずに見てられます。
主役のヴァン・ヘルシングが今ひとつ目立っていないというかキャラが立ってないような気がします。というかCMで使ってる回転刃の武器をメインでつかうのかと思ったら、そうでもないし。まあかってにSBRのスピードワゴンのイメージしていたのが悪いんですけど。
対するドラキュラ伯爵もいまひとつな感じが。これもポスターの印象で人間を見下してて花嫁をはべらせてるって刷り込みがあったからかもしれません。ただ壁を垂直に歩いてくれたのは非常に好印象でした。
エンディングは個人的には今ひとつでした。昔のジャンプマンガかと思う演出は気に入りましたけど。続編はいかようにでも作れそうでした。次は半魚人やらマミーやらがでてくるのかなぁ。

とりあえずハムナプトラの制作者が作ったと聞くと納得できます。

公式サイト

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ヴァン・ヘルシング

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1272

コメント(2)

shika :

ヒーロー&ヒロインに加えてもう一人、場の雰囲気を読めてない(?)おとぼけ役の人がいませんでしたか?
実は、予告を見たときに「ハムナプトラ」のヒロインのお兄さんを思い出していました。
だから「ハムナプトラ」の製作者ってのはかなり納得できるなぁ〜

nak :

うん、いたよー。結構重要な役どころだったかも
サルまんでいうところの「少年漫画の書き方」だとメガネ君。そういや展開もほぼサルまんで書かれてるのと一緒かも。

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2004年9月 6日 00:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MSN Music」です。

次のブログ記事は「ファッショナブルに聴きこなそう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a