ニュータイプ

| | コメント(5) | トラックバック(0)

ニュータイプやPS(フェイズシフトではなくパーフェクトソルジャーのほう)は物語の中ぐらいにしか存在してないかなーと思ってる訳ですがこの記事をみるとまんざらありえない話でもないと思えてきます。「あたらなければ、どうという事はない」を実践してるし。
こっちの記事を見ると日本でプロゲーマーってのは難しそうな感じですね。実際「ゲームが上手なの?それで」ってのもありますし。プロゲーマーが出てくる事で儲かる仕組みを作れればまた違ってくるんでしょうけれど。ゲーム会社かハード会社あたりなら今でもスポンサーになる可能性がありそうですが。

あとなんとなくライブドアも

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ニュータイプ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1284

コメント(5)

こば :

> 「ゲームが上手なの?それで」
実際、球を棒で叩くのが上手い人とか足で蹴るの上手い人がプロとして成立するわけだからゲーム人口考えれば成立しそうなんだけど
プロが儲かりアマから金とれる仕組みさえあればってことか

nak :

将棋や麻雀もプロが存在するわけなので、ゲームもうまい仕組みが出来ればいけそうとは思うのですけどね。というかそれを考え付ければ一儲けしたいなーとも思ってたり。

ただいまのところ将棋のようにずっと同じゲームで大会が出来るかというとちょっとつらいものがあるかも。FPSやRTS、格闘といったジャンル毎に毎年開催とかはできてもね。やりようでどうにでもなりそうではありますが

takamaru :

あれ?毛利名人はw
あと、新宿ジャッキーとブンブン丸、この3人は(ファミ通見てる限り)プロっぽいな。後者の二人はセガから結構イベントの度に金もらってるだろうし。(それだけじゃ食えないところが、格闘家っぽくもあるかも)
毛利名人に至っては、あの人40過ぎだろうに未だにレースゲーム(グランツ)なんかで異常なタイム(ファミ通編集部でもダントツだったりする)出すからなあ。

nak :

ああ、確かにそういった感じでならプロゲーマーは存在するといえるのか。思い描いていたスポンサーがついて設備や練習費?を負担してくれるってのとはちょっと違うが。
スポーツでもマイナーな競技ではプロといってもそれだけでは食っていけないらしいから、ゲームも似たような状況なのかねぇ。

こば :

そいや中野コミュで知り合った人がゲームライターさんらしいんだけど、テトリスで世界一になったとか
 <そゆサイトがあるらしい

「気晴らしは?」と聞いて「テトリス」と答えられたときには何時間気晴らしするんだと小一時間ry

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2004年10月14日 00:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「冒険者のみなさんへ」です。

次のブログ記事は「VAIO X」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a