| | コメント(6) | トラックバック(0)

コーエーが映画を製作するとか。ゲーム会社で映画製作とくるとファイナルファンタジーの大コケが思い出されてあれですが、スクウェアのゲームは映画をめざしてるっぽいので映画参入と聞いたときは納得できるところもあったんですが、コーエーのゲームはそうでもないので映画参入はちょっと以外。こちらは共同製作ぽいので平気かもですが。

ゲームだけではダメで、コンテンツ企業とならないとやっていけなくなったんでしょうかねぇ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1287

コメント(6)

あに :

(c)シブサワコウプロダクションなんですね。ほほう。

shika :

>ファイナルファンタジーの大コケ
劇場まで見に行きましたが…

ところで、リンクが変わってて(?)わからなかったのだけど、
映画の原作は市川崑か黒沢明のなの?
そういう噂を聞きましたが

あに :

黒澤明の遺稿と言うか構想メモが没後に発見されたんですよね。
そのタイトルが「鬼」っつーんじゃなかったっけ?

nak :

あ、URLコピペみすってる
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20041028/koei.htm

あにさん正解

Takamaru :

>>ファイナルファンタジーの大コケ
>劇場まで見に行きましたが…
先行オールナイト見に行きましたが・・・僕は即死でしたw

まあバジェット30億って区切ってるし、しかもゲームの開発費込みってところで「開発費+広告宣伝費+α」で元とれそう。うまくいけば相乗効果でそれ以上行けるんだろうし。KOEIってあんまり知名度ないしね>ゲームしないで映画見に行く普通の人たちにとっては(想像)

株価は動いてないね。
これはきっと(好意的な人ーFFの悪いイメージ=プラマイゼロ)なんだろうなあ。

nak :

30代以下はコーエーは知ってなくとも信長の野望は知ってる人は多そう。ゲームが三国無双ベースならば安くついて一定の売り上げが見込めそうだから赤はださなそうですな。

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2004年10月31日 00:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新型PS2」です。

次のブログ記事は「e-sports」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a