VAIO X

| | コメント(3)

なんか今更って感じですがVAIO Xの全チャネル録画機能ってのは企業戦士ヤマザキにでてきたタイムマシン製品そのままですねぇ。発表されたのは10年前でタイムマシンはテレビでMOに3日分の全番組を録画する仕様と、今となっては時代を感じさせます。当時はそんな時間の動画を保存するにはいったいどのぐらいの容量が必要なのかと思った物です。

参考:企業戦士ヤマザキ全仕事

コメント(3)

takamaru :

なつかし!ついでにコマンダーゼロが読みたくなったw
VaioX、ちとそそられるよな。50万しても、まあしようがないって思っちゃう。2011年までのお楽しみになっちゃうけど、思い切って今買うってのもありかと。でも正直なところ、結局はHDでどこまでできるかって商品のほうが魅力的かもなあ。でもほしいなあ(最初に戻る)
ってな感じでここ2週間くらい思いをはせつつ。

こば :

チューナが全部内蔵カードで画質に問題ないんかねぇ
ちなみに内蔵使ってる人いる?

takamaru :

オレ内蔵っす。2台(+会社で1台)とも。全く問題なし。むしろ外付けの方が、シールドしたり取り回し気をつけないとケーブルからノイズ乗りやすいんじゃねかと?まあ、ビデオカードにもよる。つかその前に、安定した受信環境(部屋までのノイズ、またそっからPCまで)の方に問題あるケース多数かと。
まあVaioXの場合は一体型に3つなんで、その辺は苦労したでしょう。でもまあTVメーカーが作ってるチューナーなんで、普通に考えたら問題ないんじゃない?つか、単体機での使用しか想定してないでしょうから、ますます大丈夫かと。

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2004年10月20日 01:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニュータイプ」です。

次のブログ記事は「Adobe Premiere® Elements」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a