Eye of the Tiger

| | コメント(3)

「Tiger向けの開発に、今すぐ着手」とかいう文句とともにあいかわらずアップルからADC Selectへの勧誘メールが来てます。発売までまとうかとも思ってたんですがCoreImageやらCoreVideoがどんなものなのかってのも知りたいこともあって、申し込んじゃいました。
ところが「なんでも某大手Mac開発会社ではインストールしたはいいが起動しない」なんて情報を聞いてしまって、ちょっと早まったかなぁとも。メインのシステムに入れるのは危険そうなので、別にテストマシンを用意したほうがいいかなぁとふとminiの事が頭をよぎります。2台あればリモートデバッグもできるし分散コンパイルもできるしいい事尽くめだしね。が、いまのマシンには2台ドライブがついてたのを思い出し、とりあえずは別ドライブにインストールすることに決定。
ドキュメントのダウンロードは手続き完了すればすぐできるので、とりあえずTigerのドキュメントを落としてみる。うーむ、********は*********************なのか。一応******でも使えるとは書いてあるけど、どうやって使うかはまだ用意されてないのか見当たらないなぁ。
謎のQTエディタもCarbonでいくのかCocoaにするのか悩みそうです。CocoaだとフレームワークはあるけどObjective-Cなのが、CarbonだとフレームワークがなさそうなんでAPIでやらなきゃいけないってのが面倒な感じです。今のXcodeだとCとC++とObjCの混在も可能みたいなので、UI部分はCocoaとか言うこともありなのかも。
そしてSelectキットが到着。中を確認するとちゃんとTigerもはいってて一安心。あとひそかに期待してるハードウェアのディスカウントも…

はいってないよ(;´Д`)

コメント(3)

あに :

Xcode + IBでCocoaな開発に慣れちゃうとC++に戻りたくなくなる今日この頃。
もうCocoaにスイッチしちゃいなはれ。
ちうか最近PHPしかいじってないや。

nak :

慣れれば[[object alloc] init]とかも普通に思えるのかなぁ。

あに :

最初のうちは[]のネストでよく見えなくなっちゃう事もありましたな。
メソッドのパラメータの書き方もちょっと独特だね。ていうかどこもかしこも独特だね。
Objective-Cのソースを見ようと、久しぶりに以前作っていたOpenGLでDQ8風のフィールドを歩くテストプログラムを起動したらフルスクリーンにしたら落ちやがった。
放置している間にバージョン変わったのがアレなのかしら。
もう忘れかけてます。嗚呼。

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2005年1月22日 18:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「FinalCut Express HD」です。

次のブログ記事は「バーチャルバスガイド」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a