2005年4月アーカイブ

ウォークマン大逆転、ついにiPod Shuffleを抜き一躍トップに
とのことで先週の売り上げはシリコンオーディオではソニーの一人勝ち、10GB以上ではかなりiPodを追い上げているようです。発売週ということはあるにせよ、前のバージョンのときはここまで売れなかったようなので、今回は結構いい出だしなんでしょう。
シリコンプレイヤーに関してはシャッフルして聞くというのが受け入れられなかったのかなぁとも思えます。アメリカではどうだか分かりませんけど、この流れが続くようだと日本だと苦戦することになるのかもしれないですね。
個人的には前回モデルのNW-HD3のデザインのほうが今回のNW-HD5より好みなので今回の売れ方がちょっと不思議です。連続40時間再生とかの機能面の充実が効果を上げてるのだとは思いますけれど。

まあハードよりもそれをとりまく音楽配信サービスなんかの環境のほうが問題です。すでにiTunesでけっこうな曲を管理してて使いやすさにも満足している身にとっては、よほどのアドバンテージがない限りSonic Stageに替えようとは思いません。転送だけSonic Stage?ものぐさな身には一つで全部できないとね。

コナミが保持しているタカラの全株をうってしまって一時はどうなるかと思いましたが、インデックスがそれを全部買うようでとりあえずは一安心です。まあタカラもインデックスも株価がさがっているようでちょっと心配なところでもありますが。
タカラとコナミが提携していたときに企画されたものとして超星神グランセイザー幻星神ジャスティライザーアムドライバーなんかがあると思いますが、おもちゃに関してはあんまり売れてなかった印象があります。グランセイザーなんかはヒーローが12人ぐらいでてきて恋愛シミュレーションのノリで作ってるんじゃないかと思えたり、それぞれ3種類ぐらいのおもちゃを展開してたりして、いくらなんでもそりゃ作り過ぎだろうと思ったりしてました。この辺バンダイは親用と祖父母用にわけた展開をしてるっぽいのでさすがだなぁと思う次第です(最近はちょっと違うみたいですけど)。
自分としてはミクロマンの展開が続いてくれればいいんですけどね。

乗って操縦できる2足歩行ロボ、1台3600万で販売

ガンダムというよりウォーカーマシンですな。しかしこれの製作を許可してくれる榊原機械はナイス。
時速1.5キロとか倒れたら大変とかあるけど、とりあえず乗ってみたいですよ。
榊原機械のウェブサイトはしばらくアクセス集中だったのか回覧できませんでしたが今はもう普通に見れるようです。ここで再度確認すると、ニュースサイトにあった写真はフードが開いた状態だったらしく、閉めるとウォーカーマシンというよりダグラムやバトルメックっぽいですね。
歩くムービーなんてのもあったので見てみました。……なんか動きが昔あった「歩くプラモデル」っぽいですよ?もしかしてこれ足の中にタイヤが入ってないですか??
タミヤのギアボックスセットと格闘した昔を思い出しました

浜銀総合研究所のレポート(PDF)にて「萌え」関連株が市場が低調な中でもストップ高を記録するなど好調と分析されてます。まあそれ自体はいいのですが、関連株としてあげられている銘柄にちょっと違和感が。
ブロッコリーやまんだらけなんかはそのものって感じですが、コーエーやコーエーネット、ガンホー、ジャレコ、ナムコあたりはかなり違和感というか無理があると思います。ガンホーはラグナロクオンラインが関連あるという気もしますがどっちかというとオンラインゲーム関連だと思いますし、コーエーネットもオンラインゲーム関連だと思います。コーエーは「信長萌え」って人も確かにいるとは思いますがかなりニッチだと思うのでちょっとねぇ(アンジェリークがある意味萌え関連なのかも)。ナムコはゆめりあがめちゃくちゃ売れてれば違うでしょうけど、ゲーム関連ってほうがしっくりきますね。

実際萌え市場を形成してるのは海洋堂、コトブキヤ、ボークスといったガレージキットメーカーや、アリスソフト、アクアプラス、Keyなどのエロゲーメーカーあたりだとは思うんですが、株式公開してる会社はそう多くないから上げられないのかなぁ。

アンジェリークでふと思いましたが、次の流れはBoys Love系にあるような予感。けっこう普通の本屋などでも見かけるようになってますから、なにか突破点になるような商品がでて購入層が広がればそれなりの市場を作れると思います。

アドビがマクロメディアを買収しちゃいましたよ。びっくり
PhotoshopとFlashの連携がより強力になると、他のところは太刀打ちできないですなぁ。DWとGoLiveがどうなるかもちょっと気になります。
ドッキング可能なフローティングウィンドウは裁判までしましたが、マクロメディア製品は順次アドビUIに移行するんでしょうなぁ

CESA、修学旅行生を対象にしたゲーム業界の体験学習講座を実施
って記事の頭の画像をクリックすると
スクリーンショット
てな感じに拡大されるわけですが、最近学校のウェブページでも顔がうつらないように配慮してるという中で、これはどうなのかなぁとも。前もこんな感じで拡大するやつがあったんですがしばらくすると修正されていましたので、これも修正されちゃうかも。
それはさておき

小テストでは、ゲーム業界の経済規模や、過去に発売されたソフトやハードに関する問題が出題された。今回参加した生徒たちが生まれる前の話題もあり、なかなか苦戦していたようだが

生まれる前ってのがすごいですなぁ。ファミコンも20周年だからそりゃそうなんでしょうけど。

ゲームのほうを買ってきました。
定価7140円なのになぜか4980円で売っていてなんか裏がありそうな感じです。まだあんまりやってませんけれど、今のところちょっと微妙な感じです。操作方法が独特なのでそれに慣れるとまたちがうかも。
原作と同じアクションをするとメモリアルアクションという演出がはいるのが売りの一つです。なので「ガンダム大地に立つ」では、
・バルカンを無駄撃ち
・ザクの動力パイプを引きちぎる
・逃げるザクをジャンプしてビームサーベルで斬る
とかいう行動をとるのかと思ったら実際は
・デニムのザクをビームサーベルで倒す
だけでした…。
ゲーム中にはいる無線はかなり多くてそれっぽいです。またモビルーツだけじゃなくてホワイトベースの機銃を撃つ事もあるのですが、適当にやってると「左舷、弾幕薄いぞ」といわれます。きっとこのためだけに付けたんだと思います

ANAユニフォームコレクションなる食玩?がANAのショップで発売されるそうです。海洋堂が原型担当したANAのフライトアテンダントの歴代ユニフォームのフィギュアなのですが、ANAがこういったフィギュアを出しちゃうような時代になってるんですなぁ。見たときエイプリルフールネタを消し忘れてるのかと思いましたよ。
チョコエッグがはやったとき類似品が大量に出て今の食玩の発展につながったと思いますが、これがヒットしたら他のところのも出てくるんでしょうかねぇ?アンミラとか。

FAQをみるといろいろと書いてありますが、

Q.9
一人何個まで、などの購入制限はありますか?
A.9
1回のお申し込み上限を300個までとさせていただきます。
いや、300も申し込む人は……いるかもな。

Q.21 のしや包装はできますか? A.21 のしや包装は承っておりません。
これにのし付けられて送られたらちょっと引きますよ!

前回はゲーム、テレビで使われるCGデータをプラモの原型用データに使うことで寸分違わぬ物を作る話でしたが、現実はもっと先をいっているようです。

3Dデジタル造形だと実際にあるものを3次元スキャンして(必要によってはコンピュータで修正して)、そのデータで原型をつくれるらしいです。塗装も写真をもとに出来るようなので大量生産も可能みたいですね。
これを使えば本人と瓜二つなアイドルフィギュアが出来そうですね。ガチャポンサイズから1/1まで(もしくはそれ以上もか)大きさは自在ですが1/6ぐらいのドールサイズが適当なんですかね。オプションでコンサート衣装を用意したりすれば、水平展開が期待できます。
ただし、本人とまったく同じなのが必ずいいのかどうかは分かりませんが。アイドルをみるほうには多かれ少なかれ脳内補正がはたらいてますから、そのへんをうまくデフォルメして落とし込めると凄そうです。