機動戦士ガンダム 一年戦争

| | コメント(3) | トラックバック(0)

ゲームのほうを買ってきました。
定価7140円なのになぜか4980円で売っていてなんか裏がありそうな感じです。まだあんまりやってませんけれど、今のところちょっと微妙な感じです。操作方法が独特なのでそれに慣れるとまたちがうかも。
原作と同じアクションをするとメモリアルアクションという演出がはいるのが売りの一つです。なので「ガンダム大地に立つ」では、
・バルカンを無駄撃ち
・ザクの動力パイプを引きちぎる
・逃げるザクをジャンプしてビームサーベルで斬る
とかいう行動をとるのかと思ったら実際は
・デニムのザクをビームサーベルで倒す
だけでした…。
ゲーム中にはいる無線はかなり多くてそれっぽいです。またモビルーツだけじゃなくてホワイトベースの機銃を撃つ事もあるのですが、適当にやってると「左舷、弾幕薄いぞ」といわれます。きっとこのためだけに付けたんだと思います

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 機動戦士ガンダム 一年戦争

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1313

コメント(3)

takamaru :

とりあえず左舷の弾幕さえ厚くしておけば、あんまり艦長にどやされることもないでしょうからw

ちゃんと、おとうちゃんはうちうに放り出されるのかい?ちゃんとフラウの家族はやられちまうのかい?ちゃんとガンダムのマニュアルが都合よく飛んでくるのかい?
結構興味津々。つか、安いねww

koba :

聖闘士星矢といい今のゲームのターゲットって30代なのか?

nak :

テムはジーンのザクを倒すと飛ばされるデモがはいったかと。フラウやマニュアルとかの演出はなし
ガルマ散るで使う武器がビームライフルなのが気になるところ。

一定のファン層がいて購入が見込めるコンテンツがいま30代の人が見ていた番組に比較的多いのと、ゲームに使えるお金の割合の多いところをターゲットにしているのからかと。
ところで星矢っていまはやってるの?OVAがでたから?

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2005年4月11日 23:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「忍び寄る萌え」です。

次のブログ記事は「なんとなく個人情報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a