げんしけん

| | コメント(2) | トラックバック(0)

昨日の地震の時都心にいたのですが、電車がとまるとこうも不便なものとは。会社でネット使っていろいろ手続きをしようかと思ってきてたわけですが、エレベータもとまってどうしようもない状態に。
しばらく回復しそうもなかったのでひさしぶりに漫画喫茶にはいって読んでみました。

多少の誇張されてるところはあるものの、「ああ、あるなぁ」って雰囲気の世界ですね。題材がオタク文化になってる以外は結構普通の青春模様のような。
とりあえず高坂は「マー坊」くん並に実際にはいないタイプかと。TERUあたりが近いのか?大野さんはいそうにないと思いそうだけど、けっこういそう。原田は「ああ、いるいる、こういうの」って感じで、一番実際にいそうなタイプですな。
ところで公式げんしけん相関図だと春日部さんが主人公のような。笹原は読者が感情移入するためのキャラであって主人公ではないということでしょうかね

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: げんしけん

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1336

コメント(2)

koba :

同じく漫喫で5、6冊読んでみた
正直わからないとこがいっぱいだった

現実に放映されてるアニメ?を題材にしてるんかね?
 <劇中で萌え萌え言われてるやつって

nak :

くじびきアンバランスは劇中漫画だったんですが、げんしけんのアニメ化の際にこっちもアニメ化されているみたいです。大野さんのコスプレは元ネタがある模様

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2005年7月24日 16:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「引っ越し」です。

次のブログ記事は「アイドルマスター」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a