SDカードで召し上がれ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

松下、新「D-snap Audio」で2割強のシェアを狙う

PCがなくても使えるように、これに対応したミニコンポを発売してドックの役目をさせようってのはとても家電的な発想で狙いとしては悪くないと思います。が、ドックの値段が6万からというのを見ると、Mac mini買ってもかわらないじゃんってのが正直なところ。使いやすさって点ではまだ家電並みではないとは思いますが、FrontRowとリモコンの使い勝手次第では問題ないレベルになってるかもしれませんな。miniではいまのところ使えませんけれど。

本体については、どうもMDの変わりにSDを持ってきたってところみたいですね。MDにアーティストごとや自分で選曲した曲を持ち歩いてたから、SDでも同じことが出来るようにしようとしてるみたいです。これはiPodになれた身とすれば、カード入れ替えるよりもプレイリスト作ったほうが簡単なんじゃってところです。そもそもアーティストやアルバム単位でソートされてるし。
HDだとクラッシュするので怖いってのもあるようですが、よほどのことがなければクラッシュしないし、したところで曲データはPCに残っているので壊れたからデータがなくなっちゃうってのもまずありえないですよねぇ。
音に関しては圧縮によるロスを復元するとか書いてあるので、けっこういいのかもしれません。テレビのときに補正かけて画質向上をするエンジンのせたのと同じ戦略ですね。テレビの場合はこれで売り上げが増加したかと思いました。画質以外で差別化をはかるのが難しいテレビとはちがって、音質以外にも差別化をはかれる箇所があるDAPではどう作用するか楽しみです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: SDカードで召し上がれ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1364

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2005年10月18日 22:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「萌えPC!」です。

次のブログ記事は「永遠に美しく」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a