2005年11月アーカイブ

Yahoo!ニュース - 読売新聞 - ネットに女性タレント合成裸写真、国交省元幹部ら逮捕

捕まった58歳の人が自作していたのかと思ったら、拾ったのを他人のサイトに送ったんですな。この読売の記事ではだれかはわからないですが共同通信の記事では被害者の名前がでてますね。
読売を詠まずに共同の記事を読むと、なんだか4人が協力してやったように誤解しちゃいそうです。「4人は~掲載し」としか書いてないので、協力してやったのか単独でそれぞれやったのかの判断はこの記事からはできない、と詠むのが正しいんでしょうけどなんかもうちょっと分かりやすくても、と早とちりしやすい未としては思います。

満を持して発売された割には、いまのところ学徒動員のゲルググ並みの売れ行きのようですし、Connect Playerはいまひとつみたいで端から見ていて心配になってきます。

宣伝方法もいろいろと用意しているようで、その中の一つ?に「Walkman Aシリーズのモニターに当選した初心者が使用感をブログでレポートする」ってのがあったみたいです。いろんな不手際からいまは閉鎖していますが、どんなところだったかはこことかで見ることができます。
一方こっちの記事はiPod版の初心者体験記みたいに仕上がってます。タイアップかどうかはわかりませんけど、無難にまとまってます。

ほとんど同じことやってるのになんでこうも結果が違うんでしょうかねぇ

むきー

| | コメント(3)

トラックバックスパム、テラムカツク
削除につかれました。
禁止IPにいれてても効果ないみたいだし、なんとかならないもんですかねぇ

Yahoo!ニュース - 西日本新聞 - 「若いんだから働きなさい」 85歳女性が女強盗諭す

犯人は要求金額10万スタートで最後3万とか、ちょっとスケール小さい。いや大きくても困るけど。
最近は躊躇せずに刺しちゃうのが多いから、包丁で脅されてもひるまずに逆に諭すなんて、勇気のあるおばちゃんですなぁ。無事でなによりです。

asahi.com: 「iPod」国内シェア6割 ソニー新製品発売前に苦境-

iPodナノの「発表同時発売」が新ウォークマンの発表と重なったのは、ソニーにとっては大きな誤算だった。同社幹部からは「アップルに事前に情報が漏れた」との恨み節も聞こえる。

ちょっと待って!
なんでリーク情報をつかんだアップルは発表と同時に発売開始できて、情報がもれたソニーは発表2ヵ月後に発売なの?
新型ウォークマンの発表があることをつかんで、それにぶつけるために日本向けに小型フラッシュベースのiPodを設計開発して、初期在庫を用意するなんてことは、ジオン脅威のメカニズムをもってしても出来ないとおもうんですけどね

女の子向けのムシキングなラブ and ベリー。夏前に見かけて、ムシキングにはあまり興味がわかなかったけれど、こっちはちょっとやってみたいと思いました。いまでこそムシキングがゲーセンにおいてあって大人もやってたりしますが、そのころは設置してある場所はデパートのおもちゃ売り場などがメイン。大人がやるにはちょっと覚悟完了しないと出来ない状況。音のこの向けのムシキングですらその状況なのでラブベリにいたっては…。ネットゲームにでもなればなーと思ってたりしました。
でこの記事
セガ、AC「オシャレ魔女 ラブ and ベリー」スペシャルイベント開催。小倉優子さんと行く「親娘オシャレ バスツアー」

また、秋バージョンのカード全て揃えたという参加者も。お父さんが毎日会社帰りに一生懸命プレイし、330枚を手に入れるも、「ポップンスイーツ」だけどうしても出ず、見かねた友人がくれたのだという。

うほ、パパ強し。でもスーツにネクタイ姿でやってる姿を想像するとちょっとほほえましかったり

上野の森にガンダム降り立つ——「GUNDAM -来たるべき未来のために-」開催

ちょっと前に大阪でやってた展示会が東京にもやってきましたよ。初日に行こうと思ったけれど、Bフレッツの工事が入っていたためいけず。まあ近いうちに行きたいとおもってます。
展示内容は大阪とかわらずってことで大阪の展示のレポートをみるとなんかフラナガン機関が出展してるじゃないですか!しかも体験できるとか。

実際に電極を頭の後ろに付け、2人一組になって、1人は思念を送る側、もう1人は受け取る側に。受け取る側は目隠しをして、つるされた発泡スチロールの間を歩いていく。

ちぃ、一人でいってもできないじゃないか!

そんなわけで

ララァ大募集


キャスバルにいさんでもいいけどさ

ICOチームの新作です。
死んでしまった少女を助ける為、世界各地にいる巨像をすべて倒すのが目的です。巨像は文字通り巨大なので普通には倒せません。倒す為には巨像の弱点を探し出して攻撃しなくてはならないのですが、各巨像ごとに弱点を攻撃するまでの流れが異なり、攻略法を見つけることが必要となります。
このゲームの面白さはこの攻略法を見つけるまでの過程にあると思います。なので攻略サイトなんかで倒し方をしってから遊ぶと面白さが半減しちゃうかもしれません。攻略法がわからなくて、しばらく進展がないと簡単なヒントが表示されますので、詰まることはあまりないとは思います。
まあ最後の敵は攻略サイト見ちゃいましたけど…

ゲームとしては面白いんですが、ゲームから感じる世界観はICOにはかなわないってのがいまのとこの感想です。ICOだと城のいろんな場所に行くだけでも楽しいんですが、ワンダだとフィールドは巨像までの通過地点としか感じられなかったです。
まあ一緒にいるのがヨルダ(謎の美少女)じゃなくてアグロ(かっこいい馬)ってもかなり影響してそうですけど。

音楽はかなりいいです。通常はSEぐらいですが、巨像と戦闘状態になると最初は巨像をイメージさせる重めの曲が、こっちが有利になると勇壮な曲に変化して非常に盛り上がります。音楽CDの発売が決まっているからか、ゲーム内でBGM再生モードみたいなのはないのがちょっと残念
グラフィックもすごいですね。巨像が巻き上げる粉塵やら、巨像の毛皮?が綺麗です。ただLODがおかしいのか、地形でときどき急に形がかわったりするところもありますが。
残念なところは、突進系の敵にやられた場合、起き上がった時にまた突進されてはまる場合があるのと、馬にのるときの判定が厳しいのかなかなか乗れないことがあります。馬は飛びつき乗りを覚えたらましにはなりましたけどね。

エンディングをみるになんとなくICOと関連がありそうな感じを受けます。スモークマンみたいなのも出て来たりしますしね。スイカエンディングは今回はないと思います

ワンダと巨像 公式サイト

本屋でそれ系のコーナーに置いてありました。脱「オタク」ではなく脱「オタクファッション」であるところがポイントですね。アキバ系ファッションの人達はその格好が世間一般からはちょっと痛いと思われてるってことを自覚してないと思うんですけれどね。それを考えるとこの本を買おうと思った時点で、半分ぐらい目的は達成してそうな気がします。ただこの本、タイトルがストレートなんでレジにもってくのには勇気がいると思います。
ちょっと調べてみたら同名のwebサイトを元に書籍化したみたいですね。そっちで避けるべきとされている5351やゴルチエが好きなのは内緒。

脱オタクファッションガイド (書籍)
脱オタクファッションガイド

ITmedia D PCUPdate:「射程距離に入った」「てーーーー!」──タカラがつくるとPC向けパーツはこうなる (1/2)

ああ、これこそが昔夢見ていたコンピュータだ!
この流れでメールを紙テープで出力してくれる奴とかも出してくれるとさらにそれっぽいですなぁ。
ああ、画面上でシミュレートするやつとか作ってみると面白いかも