ガンダム上野に立つ(劇場版)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ソロモン攻略戦も集結した25日、ガンダム展にやっとのことで行ってきました。最終日でも(だから?)混んでましたが、見るに困るほどではなくそれなりに快適にみてこれました。
入場してすぐのところで、音声ガイドの貸し出しをやっていたので借りてみることにしてみました。出演はアムロとシャアと展示会の企画をした人ってこともあって借りてみたんですが、これがいろいろと作品の解説をしてくれてかなりよかったです。パネルにも簡単な説明はかいてありましたが、作品をみながら聞けるってのが大きかったですね。
印象に残っているのはやっぱり大きな作品で、1/1コアファイターとかでっかいセイラさんとかです。コアファイターはああ、実際にあったらこんななんだろうなーと思わせる感じでした。どことなくリアルタイプを思い出させてくれる出来上がりでした。

なぜ劇場版かといえば、シャリア=ブルがいなかったから

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ガンダム上野に立つ(劇場版)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1386

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2005年12月29日 10:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「知り合いが」です。

次のブログ記事は「大西洋ひとりぼっち」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a