リアル3D

| | コメント(3) | トラックバック(0)

産総研:プレスリリース 空中に浮かび上がる3次元(3D)映像

もうこれでこそ21世紀!てな感じの装置ですよ。いままでの立体映像が視差を利用して目の錯覚を利用していたのに比べて、これは本当に空間中に表示してるみたいですね。写真を見るとなんだか不思議な感覚にとらわれます。

立体空間上にドットを描画できるってことなのでこの技術を応用すれば、もしかしてライトセーバーの柄をもって刃の部分はこの技術で発光させるとかも可能になっちゃたりするんでしょうかねぇ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: リアル3D

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1405

コメント(3)

あに :

「ふぼおおおおおん」って音も出してくれると嬉しいな。

takamaru :

キタコレだねw
2足歩行と同じ位のショックが来たよ!wすげ〜〜

shika :

ライトセーバごっこ、夢です。
でも、タイトルを読んだ時は「バイオハザード」を思い出して「怖ッ」と思いました(^^;

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2006年2月 8日 10:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アキバに迫る黒い影」です。

次のブログ記事は「萌寺」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a