少女ファイト

| | コメント(0) | トラックバック(1)

販促のために最初の方の内容を冊子にまとめて書店においてあることがありますよね。それを読んで強烈に欲しくなってかっちゃったマンガです。自分のジャケ買いにはひっかからなそうな感じの絵なので、内容を確認させる手法は効果てきめんでした。

主人公はバレーボールの強豪中学の補欠部員。でもとある事情でわざと実力を出していないという設定がまず燃えます、萌えじゃなくて燃え。この手の「実力はあるけれど普段は隠し、いざという時にその力を発揮する」みたいなパターンのやつが好きです。水戸黄門はそれほどでもないですけど…
そしてひょんな事から練習試合にでることになり、そこで本来の力を出しちゃうのですが、周りのレベルが低くてうまくかみあいません。それを見た解説役(いわゆる雷電)が
「中学レベルではあの動きはわからないだろう」
とか言っちゃうのがまたすてきです。「一般人は一発しか殴っていないように見えるだろうが、星矢は100発殴っている!」なんて台詞を思い出すぐらい。
この他にも、主人公が実は悲しい過去を背負っていたり、部員が3人しかいない高校に進学することになったりと昔のスポコンものを思わせる設定が逆に新鮮。この手の話が基本的に好きなんで、これからの展開に期待です。

日本橋ヨヲコ公式サイト

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 少女ファイト

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1434

» 少女ファイト2(blog:TS000807)~のトラックバック

かなり前回から間が空いた気がしますが、ようやっと2巻が発売されました。 1巻のと... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2006年8月 8日 00:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「みんな知ってるあのメロディ」です。

次のブログ記事は「15年ぶりだねぇ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a