アニコン2巻

| | コメント(0) | トラックバック(0)

いつのまにやら2巻がでてたのでアマゾンにて購入。この巻で完結です。
以下ネタバレあり

憧れのアニメータが隣に引っ越して来たり、その妹が新たなる恋敵になったりとこの巻で終わりとは思えない展開をのっけからしてますが、それらもひっくるめてきれいに終わりを迎えてます。結末はありきたり?な感じもしますけどテンポよく読めて面白かったです。
見開き使ってカミングアウトしてるところは、台詞と相まってなかなか衝撃的?です。

ただ突っ込みたいところもいくつか…
その1
隣に引っ越して来た人気アニメータの妹は、主人公の兄を落とそうといろいろと手を尽くしますがまったく通じません。そして放った台詞が

「何?なんで? 今までお兄ちゃんに寄ってくるオタク男は  みんなこの手で楽勝だったのに

ちょっとまってください?
このマンガ世界でのオタクの認識は「見た目がいいオタクなんてない」てな感じ。おそらく実際も「美形」の割合はそれほど高くないのだと思います。この子は見た目も重視しているようなんですが、そうそうかっこいいオタクがよって来たとも思えないんですが…
む、もしかするとこの台詞で実はそういう一般認識が違うということを暗に訴えているのかも?実際主人公の周りのオタクは美形が多いですし

その2
隣に来たアニメータ(やってることはキャラデザっぽいですが)は主人公達を部屋に呼んで

「来週ぐらいにはネットで正式に発表されるとおもうけど」

といって新番組のキャラクター設定を渡してくれます。
ちょっとまってください?
親しいと言っても正式発表前のやつを関係者以外にわたしちゃうのはヤバいでしょ。モロに守秘義務違反だし。
む、もしかしてこの台詞でアニメ業界の情報管理能力に警告を発しているのでしょうか?って実際どのくらい厳しいのか緩いのか知りませんけど…

その3
終盤、主人公達がコミケに参加した事がばれちゃいます。その原因が雑誌に載ったコスプレ写真。写真を撮ったカメラマンは腕章みたいなのをつけてるんでおそらくプレス関係者かなんかでしょう。
ちょっとまってください?
コスプレイヤーの写真を取る場合、個人ですらちゃんと断ってから撮影してるぐらい。ましてやプロならば掲載許可をとらないで雑誌に載せたりすると、盗撮といわれてもしかたがないところ。しかもこの写真には他の参加者もうつってたりします。これまた個人でコスプレイヤーとる場合は第3者が写らないように壁を背景でとるように、と指導されるぐらいなのでプロがそんな事をやってしまうのは不味いかと…
む、まさかこれは現代のマスコミの取材のありかたに警鐘をならしてる…ってのは考え過ぎか

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アニコン2巻

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1462

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2006年12月11日 22:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「体感!PS3」です。

次のブログ記事は「ガンダムポッキーその後」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a