ひとりっ子

| | コメント(2) | トラックバック(0)

グレッグ・イーガンの短編集。前から作者の名前は知ってましたけど、なんとなく敬遠してました。というか小説自体あまりよまなくなってたんですよね。
これは短編集ってことと書店で平置きされていた事、帯の「現代SFの最先端を独走する驚異の作家」ってコピーにひかれて読んでみました。

いやー、とても面白いです。もっと早く読まなかったのが悔やまれるぐらいに。
記憶や意識を完璧にコピーできるようになったり、自由に加工できるようになったら、自分というのは一体なんなのか?といったアイデンティティをテーマにした作品が目立ちましたね。脳と同じ働きをする機械ができて、それに記憶を映したらどうなるのか?とか小説の結末とは別に自分でもちょっと考えちゃいますし、そもそも意識ってなんだろうと考えたり。
作品中で使われているテクノロジーがちょっと分からなかったりもしましたけど、とりあえず作品として読むには問題ないんで「なんかよくわからないから」ってことで敬遠しちゃうのはもったいないかも。

このあと祈りの海【AA】、しあわせの理由【AA】と発売されているイーガンの短編集を続けて読みましたけど、個人的には「ひとりっ子」が一番よかったです。これが3冊のなかでは一番新しいからかもしれないですけど。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ひとりっ子

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1539

コメント(2)

shika :

この人の作品を読んだことはないのですが「ディアスポラ」を
本屋で手にしたことを思い出しましたよ!
ハワイ中に久しぶりにSFモノに手を出してがっくりきていたところですが、
「祈りの海」は、名前からしてもちょっと魅力的かも

nak :

ディアスポラもそのうち読んでみようかなぁと思いつつ、まだ読んでません。
祈りの海はたぶん名前から想像している物語とは全く違うと思うよ

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2007年4月21日 23:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「塗り絵で脳トレ」です。

次のブログ記事は「フラッシュフォワード」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a