児童ポルノサイトのURL紹介で、全国初の逮捕者

| | コメント(2) | トラックバック(0)

児童ポルノサイトのURL紹介で、全国初の逮捕者

うーん、これは展開しだいではいろいろと問題になりそうですね。

まずURLの提示が児ポ法における「児童ポルノ」に相当するのかどうか。法律によれば

3  この法律において「児童ポルノ」とは、写真、ビデオテープその他の物であって、次の各号のいずれかに該当するものをいう。
    一  児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写したもの
    二  他人が児童の性器等を触る行為又は児童が他人の性器等を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するものを視覚により認識することができる方法により描写したもの
    三  衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するものを視覚により認識することができる方法により描写したもの

とあり、どれも「視覚により認識することができる方法により描写したもの」とあります。法律にくわしくないし関連する判例もわからないんですが、文字列であるURLがこれに該当するのかどうかはちょっと疑問です。
現行法のもとでもなんとかして捕まえたいというのはわかりますけれど、ちょっと無理があるんじゃないかなぁというのが今のところの法律の素人の感想です。

FLMask事件のときは「モザイクをかけていても容易に解除できるのであればかけてないのと同じ」ってな感じの解釈をしていたので、今回も
「掲載されたURLは文字列であるが、ブラウザ等のソフトウェアを使用すれば容易に画像を表示する事が出来る」
みたいな解釈ができるのであれば、現行法でも有罪にできそうではありますけどちょっと無理がある気もします。これが違法だとすると「Google Image Searchで****というキーワードで検索すると違法画像がでてくる」って文章も違法になっちゃいそうなんですけど…

さて児童ポルノ画像へのURLの提示が有罪だとすると、次のような場合はどうなっちゃうんでしょうか?
・リンクを張っていたサイトがの所有者が代わり、違法画像を提示していた。
普通のサイトにリンク張ってたと思ったらいつのまにか犯罪者になっちゃうんでしょうかね?
逆に「リンクを張った時は違法サイトではなかった」と言い張れば、無罪になったりするんでしょうか?

・リンクを張っているサイトが違法サイトにリンクを張った。
用はリンクのリンクで違法画像があった場合、大元のサイトは違法なのかどうか?ってことですね。2つ経由がダメなら3つはどうなのか、4つは?そもそもリンクをたどっていつか違法画像にたどりつけばダメなのか、なんてところもどうなのか知りたいところです。

・違法サイトからブログにコメント、トラックバックを受けた。
自動で公開にしておくと違法ってことになりかねないですね。

はたして起訴されるのか、された場合どういう判決になるのかが気になります。結果によっては、気軽にリンクもできなくなるかもしれませんな。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 児童ポルノサイトのURL紹介で、全国初の逮捕者

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1550

コメント(2)

こば :

するってーとココのURLを書いただけで(違

ジョークはさておき「有料制会員サイト」ってのが意外とキモなのかもね
 金払って会員 + 紹介URLから画像をGET! = 画像売買?
みたいな

nak :

>するってーとココのURLを書いただけで(違
いやー、これからの流れによっては現実になるかもなのですよ。
児ポ法は未成年の保護を目的としてるため、架空の未成年は対象外。なのでエロマンガで未成年に何をさせようと一応おとがめは無し。でもこれを架空の人物も対象とするような案も一部からでていたり。そうなるとここに掲載されている写真とかももしかすると…

考え直してみると、児童ポルノを提供すると謳った上でURLを提示していたのが、頒布と見なされたのかなぁとも。

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2007年5月 9日 19:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「3年越しぐらい」です。

次のブログ記事は「PASMO定期券」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a