ぼくらの 7巻

| | コメント(0) | トラックバック(0)
今回の表紙は往住愛子。いまのところ表紙に登場するのが最多の三回です。「ぼくらの」の表紙はその巻で活躍するパイロットが来る事が多いので、この回数はめずらしいですね

この巻では前回から続いていた古茂田孝美の戦闘が終了。つづいて往住愛子の戦闘ですが、こちらは苦戦中にて次巻に続く…。とても展開がきになって8巻が早くも待ち遠しいです。
敵との戦闘もさることながら、ジアースのパイロットが誰かということがついに世間の知るところになりました。一般からするとジアースは突然現れて街を破壊していくロボットなので、かなりネガティブに思われているため、当然そのパイロットも良くは思われていません。もはやなるたるの最終巻なみに世間からの風当たりはひどくなって来ています。
また今回まででパイロットになっていないメンバーも残り三人になりました。そろそろ結末に向けての話が始まっていくんでしょうか?
ちなみに1巻でパイロット契約をするときのココペリは頬に傷がないけれど、戦闘時には頬に傷があるところがずっと気になっています。まさかとは思いますけど、実は最初の戦闘からずっとやっぱりゲーム上の出来事だったりする可能性もあるのかなーと思ってます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ぼくらの 7巻

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1578

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2007年8月 1日 01:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「肥満は伝染する」です。

次のブログ記事は「MG 1/100 ザクII 黒い3連星 MS-06R できたよー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a