物は使いよう

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ガレージキットは制作の都合上パーツに剥離剤がついてます。これがついたままだと塗料がのらないので、ガレージキットを作る際には下準備としてまず剥離剤をとる必要があります。その手の書籍やネットでの解説をみると、「中性洗剤(とクレンザー)入りの水につけて歯ブラシでこすってとろう」てな説明がしてあることが多いです。アリス作成の際にはガレキ作成初心者の自分はその通りごしごしこすって落としましたが、なかなか面倒な作業でした
この前本屋でレプリカント(29) (Bamboo Mook)【AA】を立ち読みしてたら、こんなことが書いてありました

「超音波洗浄器にかければすぐとれますよ」(台詞はうろ覚え)

確かに眼鏡のレンズについた油などを1分程度でおとせる訳ですから、同じようにパーツについた剥離剤も落ちる訳ですね。いわれてみれば納得なんですが、目から鱗です。歯ブラシでこする方法が面倒だけど我慢してやる、だと思考停止なわけで、面倒だと思ったなら、それをなんとか楽にやる方法はないか?という考えをするようになりたいですな。
調べてみると超音波洗浄器の値段は3000円から1万円ぐらい。もっと高い物かと思ってたのでちょっとびっくりです。よく作る人なら高い買い物でもないでしょうし、そうでない人もガレキのためだけと考えると微妙な値段かもしれませんが、メガネや小物の洗浄といった本来の目的にも使うとしたら、納得できる値段ではないでしょうかね。

超音波洗浄器の「こんな物も買っています。」にフィギュアがけっこう目立ちます。レプリカントを見た人が買ったのか、それとも自分が知らなかっただけで紹介される前から定石だったのかも知れませんね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 物は使いよう

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1598

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2007年9月17日 01:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MacBookが戻ってきたでござる、の巻」です。

次のブログ記事は「機械語」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a