PS3が値下げ、一方任天堂は

| | コメント(0) | トラックバック(0)

PS3が値下げおよび廉価版の発表がされましたね。ゲームショーでは値下げは行わないみたいな事を言っていた気がしますけど、気にしない。

商品構成は
60GB PS2互換  54,980円
20GB PS2互換  44,980円
40GB PS2非互換 39,980円
となっていて、ちょっとわかりづらいですね。
新モデルは値段だけみると競争力がでてきたように思えますが、そのためにPS2互換をなくしたのは裏目にでそうな気がします。PS2のリプレースにはならないので、PS2のゲームがやりたければ旧モデルかPS2と並列に使う必要がありますからね。PS3のゲームしかやらない人にはいいかもしれません。

一方任天堂のほうはといえば、モンハン3が対象機種をWiiに変更するとか(。せっかく値下げで話題をひこうとしたときに、この発表とは(ソニーが先制しようとしたのかもしれないですけど)。PS3版が中止になったというのはこの記事ぐらいでしか言及されていないようで、公式のプレスリリースでも

当社は、一つのブランドを複数のハードに投入するマルチプラットフォーム展開を基本戦略としており、これまでも「モンスターハンター」シリーズをはじめ、人気シリーズを複数のハードに投入しブランド力を高めてまいりました。今後も高度な開発力と基礎研究の成果を発揮し、各タイトルのゲーム性を活かせる最適なハードに向けてソフトを投入することにより、ユーザーの皆様の期待に応えてまいります。

となっててどうとでも取れるかんじです。
いずれにせよ、これで任天堂の年末商戦は安泰な気がします。ソニーも急遽GT5パックなんかを出してきそうな気もします。

PS3の値下げで一番影響をうけそうなのはXBOX360でしょうかね。新型PS3が20GB版とほぼ同じ値段なので、値段のアドバンテージが薄れた感じです。年末に向けて値下げがあるかどうかで、どの程度日本市場を重視しているかがわかるかな?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: PS3が値下げ、一方任天堂は

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1611

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2007年10月11日 20:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「型取り挑戦中…」です。

次のブログ記事は「こどものじかん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a