バインディング

| | コメント(0) | トラックバック(0)

スキーとかじゃないです><

あいかわらずのろのろとCocoa基礎ガイドを読んでます。Cocoa BindingとかKVOとかKVCとかCoreDataとか、覚えることがおおくて大変ですよ。まあなんとなくわかってきたようなこないような感じなので、あとは実際にサンプル作りながら理解していくのがいいかなーといったところです。

最近はXAMLも面白そうだなーと思っていて、ちょっと資料をみてたりしたんですよ。そうするとWPFにもデータバインディングなんて技術があるんですね。

ぱらっと読んでみた感じだとCocoa Bindingと同じようなことができるみたいですね。なかなか便利そうです(まあどっちもまだ読んでるだけですけど)。

ちょっと気になったのは基本的なデータ バインディングの概念という項目。直前まではオークション品目の一覧を表示するアプリケーションを例にとって

ListBox のコンテンツは、AuctionItem オブジェクトのコレクションにバインドされています。AuctionItem オブジェクトには、Description、StartPrice、StartDate、Category、SpecialFeatures などのプロパティがあります。

てな感じで解説してるんですが、ここの解説ではいきなり

通常、各バインディングには、バインディング ターゲット オブジェクト、ターゲット プロパティ、バインディング ソース、および使用するバインディング ソース内の値へのパスの 4 つのコンポーネントがあります。たとえば、TextBox の内容を Employee オブジェクトの Name プロパティにバインドする場合、対象オブジェクトは TextBox、対象プロパティは Text プロパティ、使用する値は Name、ソース オブジェクトは Employee オブジェクトになります。

とどこからかEmployee オブジェクトが。なんでAuctionItem で解説しなかったのか不思議です。Cocoaの解説だとよくEmployeeとDepartmentの例は出てくるけど、「偶然」の一致でしょうし

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: バインディング

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1630

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2007年11月12日 20:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「GTO ベータ フェイズ2」です。

次のブログ記事は「お前が聞くな」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a