Alex

| | コメント(2) | トラックバック(0)

「鏡音リン」の紹介記事で、Vocaloid自体はMacに対応していないのに、プレゼンにMacが使われてるのを見ると、DTM関係では強いんだなーと改めて思います。

Leopardを入れたものの、TimeMachineとStacksぐらいしかまともに新機能を堪能していませんでした。なんかの弾みでシステム環境設定>システム>スピーチを開いたんですよ。システムの声ポップアップを見てみると「Alex」という男性音声が一つしか表示されてないじゃないですか。PrincessやらVictoriaはどこにいったのー?と思いつつとりあえず再生してみることに。

「!?」


英語だから細かいところはわからないですけど、かなり流暢な発音じゃないですか。

PlainTalkProの音声とはえらい違いです(あれも登場した当時ではかなりの高音質とおもいましたけど、今となっては合成音声くささが耳についてしまいますね)。残念ながら日本語には対応していないみたいですが、TECの形態素解析で日本語から読み上げ用のローマ字に変換できた覚えがありますので、それを通してやればなんちゃって日本語音声合成ができるかなー?

と思ってたらローゼンメイデンの真紅の音声が合成できるサイトなんてのができてるじゃないですか。重いのでそんなに聞いてないですけど、これもすごいですね。

初音ミクのヒットで音関係が盛り上がって来たんですかねー。Alexにしても真紅にしても初音ミクの前からやってるみたいなんで、偶然なのかもしれませんがタイミングはいいですね。このまま来年も発展していくと面白そうです。

VOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ02 鏡音リン・レン KAGAMINE RIN/LENVOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ02 鏡音リン・レン KAGAMINE RIN/LEN


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Alex

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1645

コメント(2)

こば :

この値段で男女2声になったら買う宣言したものの、パッケージでどんびき、見送りのおいらが通りますよっと

Spaces いいよ Spaces
エクスポゼを使わなかったのに Spaces は使いまくりよ

nak :

通販で買ってパッケージは捨てちゃえばいじゃない。
でもここ2ヶ月のDTMマガジンに対して同じようなことを思ってる人は多いみたいですが。

spacesはモニタのおかげとあまり広い面積を使うことしてないので、あんまり使ってないですよ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2007年12月18日 00:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「梓零のフィギュア原型製作講座」です。

次のブログ記事は「マイティフロッグがこんなことに」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a