エルメスできたよー

| | コメント(3) | トラックバック(0)

実家の整理をしていたら、買い貯めていたプラモを大量発掘しました。捨てるのも忍びないので、時を越えて完成させることに(まあいくつかは捨てちゃいましたが)。
手始めにララァスン専用モビルアーマーから手を付けてみました。ある程度まで作って放置していたらしく、内部船体部分は完成していました。なのですぐ完成するだろうと思ったのが、取りかかった理由の一つ。
とりあえず完成したのはこんな感じに。船体外装と左右の羽根、下のバーニアあたりが今回作った部分です。


残りの部分を普通に作るんじゃ面白くないだろうと思って、最近はやっている?シルバーの上にクリアカラーで塗装して金属感を出すってのをやってみました。しかしこれが落とし穴に…。
シルバー塗装→クリア塗装までは問題なかったんですが、その上に色をのせようとすると驚くほど食いつくが悪いんです。コックピットの黄色とピンク、機体上部のピンクの部分をこれで塗ろうかと思ったんですが、塗った色がポロポロと剥離しちゃいます。
素直にサフ吹きからやり直せばよかったんでしょうけど、それをやるのも面倒かなぁとおもってエナメル系塗料で筆塗りしてはみ出したところを修正することにしました。これがさらにどつぼにはまる原因に。エナメルでも全然食いつかないくてマスキングはがすとこれまたポロポロとはがれます。白ベースの塗装もさぼったために、色を隠すために厚塗りが必要になってかなり仕上がりが悲惨な感じになりました。写真だとそれなりに見えてるんですが、実物はけっこうひどい状態に


横から見るとこんな感じ。内部船体部分と外装部分の色の違いがわかるかと思います。着陸脚も前は以前塗っていたもの、後ろは今回塗ったところです。


後ろから見たところ。バーニアはガイアカラーのスターブライトシルバー【AA】で塗ってますが、いい感じの銀色が出てくれます。ベースのシルバーもスターブライトシルバーを使ってます。

久しぶりに昔のキットを作りましたけど、ダボがないパーツを接着したり、差し込み口はあるけれど保持力がほとんどなかったり(まあ接着を前提にしてるからでしょうけど)、目一杯差し込んだら、その後のパーツの組み立ての際に干渉するとか、なかなか新鮮です。
いまのHGやらMGやらが、いかに組みやすいプラモデルになっているかがわかりました。

本当は後ビットを塗らないと完成にはならないんですけどね…

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: エルメスできたよー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1654

コメント(3)

こば :

エルメスたん、はぁはぁ
その昔、ビットをピアノ線でピヨピヨさせた覚えがありんす

takamaru :

写真で見る限り、いいできなように見えるよ~

さらにできるようになったn(ry

nak :

>>こばさん
周辺の便利ツールの充実は目を見張るものがあったりするので、今だとビットをピヨピヨさせるのもピアノ線を使わなくて済むかも。

>>takamaruさん
ありがとー。ただし
「小僧、ツールの力で勝ったということを忘れるな~」
かもしれん。

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2008年1月 5日 00:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コミケ73」です。

次のブログ記事は「マンドラたんできたよー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a