MacBookAir

| | コメント(0) | トラックバック(0)

こないだ初めて生でみてきました。いやーうすいですねー。重さとかはずっと人がいたんでわからないですが。

でこんな記事があったわけですが、

MacBook Airから見える新しい風景


MacBook Airは使い手を試す。もし(MacBook Airに)選ばれた人々は、マシンをひと目見ただけで「他人が言う評価はどうでもいい、自分はこれを買わなければ」と強く感じるはずだ。この究極にエレガントなマシンを持ち歩き、世の中に新しいライフスタイルを広めていく一員となることに強い意義を感じる――そういう人々は、自分の直感に従っていい。おそらくMacBook Airのパッケージを見た瞬間、ふたを開けた瞬間、その冷たいボディに手を触れた瞬間から感動が止まらないはずだ

んー、昔は何とも思わなかったでしょうけど、いまだとこの「Airに選ばれし物達」みたいな感覚はちょっと引きます。Macユーザーの忠誠心をはかるアイテムである事に間違いはないと思いますけど。

個人的にAirはちょっと早すぎたマシンだと思ってます。たぶんAirが実現しようとするのは、すべてワイヤレスで完結する環境だと思うんですよ。いや今でもかなりワイヤレスですけど、本当ならUSBやディスプレイ端子もなくしたかったんじゃないかと。
またワイヤレスでも現状ではその能力を発揮する環境がまだまだなんですよね。WiFiでつないでいるため家の中はともかく、外に出た時つながるところが限られちゃうのが残念。ケータイなみとはいかないまでも、人の集まるところではどこでもWiFiがつながる環境が整備されないと、なかなか真価がはっきできないんじゃないかなーと。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: MacBookAir

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1685

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2008年2月14日 23:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「強殖装甲ガイバー 25巻」です。

次のブログ記事は「ワンフェス2008ガイドブック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a