ファレホ

| | コメント(2) | トラックバック(0)

タカマル部屋片付け記念、ってことで近頃評判のファレホを買って来てみました。

ファレホってなに、と言うのに一言で答えれば水性塗料。筆塗りに適していて、筆ムラも出にくいので広い範囲も塗装でき色数も豊富、しかも臭いがほとんどない、と宣伝文句だけ聞けば至れり尽くせりな感じの塗料みたいです。これならラッカー系などの有機溶剤が使えない環境でも塗装できるんじゃない?ってことで物は試しと買ってみました。

筆塗りに適してるって謳い文句なので筆塗りを試してみます。ちなみに希釈すればエアブラシでも使えるみたいです。希釈には水はもちろん専用シンナーやガイアカラーのアクリル系溶剤も使えるみたいですね。

試し塗りするために塗料皿にとりだします。ファレホの容器はワンドロップ式ボトルなので、一滴ずつ出せるのが便利ですね。
出したら早速臭いを嗅いでみますが、ほとんどしません。鼻を近づけてみると臭いは有るようでしたが、ほとんど気になりません。出したままだと濃いような感じがしたので、ガイアの溶剤でちょっと薄めてみましたが、こっちの溶剤はそこそこ臭いがするので、当然薄めた塗料もこの溶剤の臭いになっちゃいましたが。

特に塗る物がなかったのでとりあえずプラ版に試し塗りしてみました。平筆で塗りましたが、塗料を薄めで塗ると毛先の形がけっこうでるみたいで、均一にぬるのは慣れが必要な感じでした。ただペタペタと筆で塗ってるのがなかなか楽しいです。
なんかこの感覚、昔に覚えが有るなぁと考えてみると、水彩絵の具で画用紙に絵を描く感覚に近いです。小学校の頃の美術を思い出して、懐かしい気分にちょっと浸ってみたり。
面相筆でも試してみましたが、線がはっきりと書けてちょっとうまくなった気分。目などの細かいところを描きやすいかも。

乾いた後の皮膜は結構弱いみたいで、軽くこすると落ちちゃうみたいです。もっともバーニッシュというので上からコーティングすると大丈夫らしいですね(未確認)。
他にも重ね塗りでいろんな効果が出せたりと、なかなか面白そうです。

環境面から塗装をあきらめてた人にとっては試してみる価値ありだと思いますよ。
単純に他にない色がそろってるのでそれ目当てでも。

ただ難点は他の塗料と比べるとやや高いのと、買えるところが限られてるとこでしょうか。ボークスが日本の代理店なので、ボークスショールームだとほとんど扱っているようです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ファレホ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1745

コメント(2)

たかまる :

おおおお、こいつはすげー興味をそそられますwww
情報thx!

休み明け(月・火諸事情でお休み)に秋葉のボークスいってこようかな。てか一緒に行く?ww

nak :

さすがに月火は無理だなぁ。
しかし塗料もいろいろと進化してるなーと思う次第。

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2008年8月31日 23:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アニメスタジオ」です。

次のブログ記事は「きゃらコン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a