iPhoneは携帯ゲームの夢を見るか

| | コメント(0) | トラックバック(0)

PSPやDSの強力なライバルは「次世代iPhone」

たしかにiPhone/Touch用のゲームにもなかなかいいのが出て来てるので、ゲームプラットフォームとしてもやっていけそうな予感はしてますね。DDRなんかはかなりいい出来ですし。

ただアップルがゲーム用の機能を強化するかどうかは正直微妙。「iPodは音楽を第一にする」ってなことをいいそうです。

それに、ゲームの品揃えという点で、App StoreはニンテンドーDSやPSPをすでに打ち負かしている。開設後3カ月の時点で、App Storeは1500本のゲームを提供している。PSPとニンテンドーDS向けのゲームタイトル数は、それぞれ約600本と300本にとどまる。

元記事のコメントでも指摘されてますが、この本数の比較はあまり意味がないかと。1500本のなかで携帯起用の商品レベルのものはそう多くはないはず。
ただ3ヶ月でそれだけのゲームがリリースされたという事は、それだけiPhoneに興味を持っている開発者が多く、また簡単にアプリケーションが作れることの証明にはなってると思います。
たとえば、ゲーム専用機としてのPSPの強みは、そのアプリケーション・プログラミング・インタフェース(API)が複雑なテクスチャーのロードに向いている点だが、iPhoneはこうしたタスクには性能が不十分だ。

3D APIはOpenGLESだった思うんですけど、それだと今イチなんですかねぇ?もしかしてGameSprocketの復活か!(ないない)

しかしコメントを見ると、アップルがこの分野に関してはあまり宣伝に力をいれていないかを実感しますな

iPhoneって電話なのか携帯端末なのか…
どれもこれも中途半端って感じ。ゲーム機としてもどうなんでしょうね?
サードパーティーがつけばいいけど。

後半に関してはセガ、ナムコ、コナミ、スクエニ、ハドソン,EAなんかの有力メーカーが(一応)参入していることを、本当にゲーム分野に力を入れるならもっと告知すべきでしょう。

前半部分はまあそんな感じですが。

DSやPSP、モバゲーで事足りてるゲームを、 はたしてiPhoneでやろうと思うのかな。 ヘタに高くならなきゃいいけど。

これもiTSでのゲームの値段があまり知られてないんだなぁと思うところ。全部の値段は調べられませんが、みたところ高くても1200円ぐらいなのに。このへんもアップルなら値段がわかるんだろうから、有料ゲームの平均はいくら、みたいなデータを出して安い事をアピールするべきかと。 ま、本体は倍ぐらいしますが。

って書いてたらアップルから

何百ものゲームがこの1台で。最高の贈り物、iPod touch。

ってタイトルのダイレクトメールが。本気だしたのか?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: iPhoneは携帯ゲームの夢を見るか

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/2400

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2009年2月 4日 23:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ねんがんのいちがんをてにいれたぞ」です。

次のブログ記事は「痛フェラウマウマ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a