阿修羅展いってきました

| | コメント(0) | トラックバック(0)
阿修羅展
前から行ってみたかった阿修羅展に行ってきました。休みの日は混んでいるに違いないと思って平日にいったんですが、平日の午前中にも関わらず結構な人がいました。入場で待つ事は流石になかったですが、中には結構人がいました。展示品の前にはかならず誰かいる感じです。

最初の展示室には中金堂鎮壇具が展示されてました。それほど興味を引かれる物でもなかったので(いや国宝ですけど)、一通り見て次の展示室に。
ここでまず目に入るのが華原馨。鐘というか鼓みたいなものですが、これが実にかっこいいんですよ。前後左右からみて堪能しました。?
続いて八部衆像と十大弟子像がでーんと展示されています。残念ながら何体かは帰ってしまっていましたが、それでも圧倒されます。配置の間隔はゆったりしていて、後ろを見る事も出来ます。そのせいもあってか、人はそれなりにいるのですがじっくりと見る事が出来ました。

そして順路を進むとついに展示会の目玉である阿修羅像がいました。広いスペースの中央に設置されて、360度から眺める事が出来る配置なんですが

もうね、阿修羅さん囲まれ過ぎ

阿修羅像を囲むように3列ほどの人の輪が出来てました。係員はしきりに「最前列の方はすこしづつ、動いてくださーい。」と叫んでましたが、円形に一周してるもんだから、どうやっても進まないんですよね。後ろの方にいるおばちゃんが「見えないから、前の人かわってよ」とか叫びだすし。よっぽど客の方が阿修羅です。
まあそんなこともありつつも、阿修羅像はとても穏やかな顔をしていて見ているといやされます。ほんと来たかいがありました。

さて次の展示室では中金堂の薬王・薬上菩立像、四天王像などが展示されていました。阿修羅像の混雑を目にした後のせいもあるでしょうけれど、ここはそれほど混んでいる印象をうけませんでした。

四天王像はそれまでの像がほぼ直立姿勢なのに対してと動きを感じさせるポーズ、かつサイズも大きいので躍動感にあふれていました。個人的にはこっちの造形の方が好みかも。

この展示会でも音声ガイドが用意されていたので使ってみました。ナレーターは黒木瞳さん。説明パネルを読む必要がないのと、パネル以上の情報があるのでなかなか便利でした。やや内容のボリュームが少ない気もしますが。

阿修羅展のチケットで通常展示も見れるという事なので、本館と法隆寺宝物館も見てきました。こちらにも仏像が展示されていますけれど、ほとんど人がいなくて快適でした。

法隆寺宝物館

気になったのが法隆寺宝物館での仏像の展示方法です。かっこいいのでまねしたいもんですが、残念ながらこれを行うほどのスペースは用意できそうにないですなぁ。

季節柄、修学旅行生がけっこういたようです。出て来たとき、正門の前にもどこかの女子高生?の団体がいたんですが、それを外国人旅行者の人が写真に撮ってました。向こうの人にとっては制服の団体ってのは珍しいんですかね。

その後せっかくなのでアキバまで歩いていってみましたが、ヨドバシに謎のキャラが。

ヨドバシのキャラ?

萌え、というかデフォルメ系なデザインですが、季節限定なのかマスコットキャラ候補なのやら。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 阿修羅展いってきました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/2430

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2009年5月10日 23:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新型インフルエンザ」です。

次のブログ記事は「雑誌モデル・キャラクター・ブランド・アメキャラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a