ぼくらの 11巻

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ついに最終巻、今回はウシロの戦闘がメインです。

カナ、田中さんと大切な人を失ったウシロですがそれでも妹の為、それまでのみんなの戦闘をムダにしない為に戦闘におもむきますか、ラストの戦闘にふさわしくえげつない選択を迫られてます。あの選択は自分なら実行出来るか疑問です。
ただまだ希望があるのがウシロのお父さんとその生徒のエピソード。きっとあの地球は大丈夫なんだろうなーと思わせてくれるエピソードでした。

引継ぎ戦と次のコエムシは予想通りの人選でした。引き継ぎ戦も空になったみんなの椅子を見ながら戦うのはつらそうです。ここになって1話でココペリがどんなことを思って戦っていたのかまで考えさせられます。
あとは前々から気になっていたココベリの傷の謎がわかってスッキリしました。

初回版には本誌に掲載されなかった番外編がついてます。内容はぼくらののパロディで、セルフパロディだけあってとっても面白いんです。
たしかにノリは本編とは違って軽いんで、人を選ぶとは思いますか、掲載を見送るほどかなぁ?

これでまた一つ追っかけていた漫画が終ってしまってちょっぴりさみしいですね。

4091590675ぼくらの 11 初版限定冊子付き版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)
小学館 2009-12

by G-Tools
4091884903ぼくらの 11 (IKKI COMIX)
小学館 2009-12-26

by G-Tools

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ぼくらの 11巻

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://hogelab.net/mt4/mt-tb.cgi/2484

コメントする

このブログ記事について

このページは、nakが2009年12月28日 22:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京ゲームショー2009」です。

次のブログ記事は「WF2010冬」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a