日記: 2005年4月アーカイブ

コナミが保持しているタカラの全株をうってしまって一時はどうなるかと思いましたが、インデックスがそれを全部買うようでとりあえずは一安心です。まあタカラもインデックスも株価がさがっているようでちょっと心配なところでもありますが。
タカラとコナミが提携していたときに企画されたものとして超星神グランセイザー幻星神ジャスティライザーアムドライバーなんかがあると思いますが、おもちゃに関してはあんまり売れてなかった印象があります。グランセイザーなんかはヒーローが12人ぐらいでてきて恋愛シミュレーションのノリで作ってるんじゃないかと思えたり、それぞれ3種類ぐらいのおもちゃを展開してたりして、いくらなんでもそりゃ作り過ぎだろうと思ったりしてました。この辺バンダイは親用と祖父母用にわけた展開をしてるっぽいのでさすがだなぁと思う次第です(最近はちょっと違うみたいですけど)。
自分としてはミクロマンの展開が続いてくれればいいんですけどね。

乗って操縦できる2足歩行ロボ、1台3600万で販売

ガンダムというよりウォーカーマシンですな。しかしこれの製作を許可してくれる榊原機械はナイス。
時速1.5キロとか倒れたら大変とかあるけど、とりあえず乗ってみたいですよ。
榊原機械のウェブサイトはしばらくアクセス集中だったのか回覧できませんでしたが今はもう普通に見れるようです。ここで再度確認すると、ニュースサイトにあった写真はフードが開いた状態だったらしく、閉めるとウォーカーマシンというよりダグラムやバトルメックっぽいですね。
歩くムービーなんてのもあったので見てみました。……なんか動きが昔あった「歩くプラモデル」っぽいですよ?もしかしてこれ足の中にタイヤが入ってないですか??
タミヤのギアボックスセットと格闘した昔を思い出しました

浜銀総合研究所のレポート(PDF)にて「萌え」関連株が市場が低調な中でもストップ高を記録するなど好調と分析されてます。まあそれ自体はいいのですが、関連株としてあげられている銘柄にちょっと違和感が。
ブロッコリーやまんだらけなんかはそのものって感じですが、コーエーやコーエーネット、ガンホー、ジャレコ、ナムコあたりはかなり違和感というか無理があると思います。ガンホーはラグナロクオンラインが関連あるという気もしますがどっちかというとオンラインゲーム関連だと思いますし、コーエーネットもオンラインゲーム関連だと思います。コーエーは「信長萌え」って人も確かにいるとは思いますがかなりニッチだと思うのでちょっとねぇ(アンジェリークがある意味萌え関連なのかも)。ナムコはゆめりあがめちゃくちゃ売れてれば違うでしょうけど、ゲーム関連ってほうがしっくりきますね。

実際萌え市場を形成してるのは海洋堂、コトブキヤ、ボークスといったガレージキットメーカーや、アリスソフト、アクアプラス、Keyなどのエロゲーメーカーあたりだとは思うんですが、株式公開してる会社はそう多くないから上げられないのかなぁ。

アンジェリークでふと思いましたが、次の流れはBoys Love系にあるような予感。けっこう普通の本屋などでも見かけるようになってますから、なにか突破点になるような商品がでて購入層が広がればそれなりの市場を作れると思います。

CESA、修学旅行生を対象にしたゲーム業界の体験学習講座を実施
って記事の頭の画像をクリックすると
スクリーンショット
てな感じに拡大されるわけですが、最近学校のウェブページでも顔がうつらないように配慮してるという中で、これはどうなのかなぁとも。前もこんな感じで拡大するやつがあったんですがしばらくすると修正されていましたので、これも修正されちゃうかも。
それはさておき

小テストでは、ゲーム業界の経済規模や、過去に発売されたソフトやハードに関する問題が出題された。今回参加した生徒たちが生まれる前の話題もあり、なかなか苦戦していたようだが

生まれる前ってのがすごいですなぁ。ファミコンも20周年だからそりゃそうなんでしょうけど。