デジタルの最近のブログ記事

模型の3Dデータを配信して、各家庭の3Dプリンタで出力する。いつかはそんな時代がくると思ってました。
ただ3Dプリンタは高いし、カラープリンタのように家庭で使う用途はあまりないので、何かブレイクスルーがないと実現しないだろうなぁとも思っていました。
しかしなんか実現しちゃってました。

cg作品のSNS、cgが最近始めたサービスに、投稿されたモデルデータを専用の業者で立体化するものがあります。いまは投稿者だけですけど、そのうち閲覧者も注文できるようになるとか(その場合はモデルの作者にマージンが入る予定)。

ドコモから2009年夏モデルの発表があったこともあり、携帯を買い替えようかなぁとなんとなく思ってます。

一応候補はN-06AP-07A。この二つにしたのに特に理由はないけど、PRIMEでそこそこ薄いってのはあります。前のやつはやけに厚かった気が(気のせい?)

どっちも今週末発売なので、適当にモックをさわってみようかなとは思います。

ただこれ以外にもう一つ候補が。まあ予想通りだとは思いますがSH-06A NERV

Sharp携帯はあまりいい噂を聞いてないのと、2年縛りで契約する予定なのでさすがにこのデザインでその間使うのはちょっとどうなんだろうというのが躊躇するところです。

タカマルからD70をしばらく借りたので、さっそく手近にあったものをとってみましたよ。

ミニ四駆限定シリーズ ミニ四駆 初音ミク SPECIAL 92195【AA】というのが来月発売になるんですねぇ。タミヤが初音ミク関連の商品を出すとは驚き。

以前にもこんな商品【AA】を出していましたけど、一応ミニ四駆とのつながりはあるみたいなんですよね。

ミニ四駆の購買層と初音ミクの購買層ってそれほどかぶらないと思うんです。ミクのキャラクターアイテムとして買った人が、それをきっかけにミニ四駆にはまるってのはあまりなさそうですし、その逆もまたしかり。



この商品はいったいどこを目指しているのか?

といいつつなんか買ってしまいそう。


B001QFZ4HCミニ四駆限定シリーズ ミニ四駆 初音ミク SPECIAL 92195
タミヤ 2009-02-28

by G-Tools

とりあえずってことで電車の中で使ってみました。

さすがに立って使うのは無理ですが、座って使う分には問題ない感じです。いまいちかなーと思ったキーボードも、使ってみると気にならないレベルでした。どっちかというと画面が中心にあるので周りの視線のほうが気になります。

キーボードのロックが軽いので、ちょっとしたことで解除されちゃうのが不便です。膝の上で使ったりすると、どっかに引っかかったりするとロックが外れちゃったり。まあこれも慣れかもしれません。

エディタはそんなに使い込んでる訳でもないですが、ちゃらちゃらと書いてる分には問題なし。文書作成に特化しているので起動も速いし、いまのところなかなか使っていて楽しいかも。

まあなんというか、AmazonやYodobashi.comで品切れで、どっかの通販サイトでは初期ロットははけて、次が12月26日出荷とか書いてあったりしてるんですよ。
なんか手に入らなそうと思うと欲しくなるのが人情。まあダメもとでヨドバシ(リアル店舗)に行ってみたら、普通に売ってたので買っちゃいました。オレンジを買ったんですが残り2個だったみたいです。ケースも一緒に欲しかったんですが「メーカーで発注かけてるけど間に合ってない」らしく、売り切れでした。

ポメラ サイズ比較1

サイズ比較用にエヴァのウエハースと一緒に撮ってみました。

キングジムから発売予定のポメラ、文章を書くのに特化してて電子ノートとでもいうべき商品で、かなり惹かれてます。
ちょっと通勤時間が延びて、電車では結構すわれるんで、そんなときに物を書くための道具としてはもってこい。

ただ問題は値段。ノートに3万はちょっと考えちゃいます。2万以下なら迷わず買い、1万以下なら即買いなんですが

MEDIAPORT UP(音出ます)の体験会をやってたので、試してみました。

UPってなんぞや、ってのはリンク先をみてもらったほうがいいかと思うんですが、モニター、スピーカー一体型のマルチメディアプレイヤー。ちょっと前でニュースでみて、そのなんとも90年代SFチックな外観が結構気になってました。

とりあえずつけて見ると、画面が鮮明なのにびっくりです。今までこの手のやつ試した事何度かありますけど、通常使用に耐えるか?というとちょっと疑問でした。でもこれなら平気そうです。
聞いてみたところ、ニコンが開発したレンズによってくっきりとした画像になっているとか。コントラストも自動で調整してくれるということなので、周りの明るさが変化しても見えにくくなったりはしないんでしょう。

デモでは映像を再生してましたけど、無線LANも内蔵しているのでWebの閲覧もできるとか。ただ文字情報はちょっとつらいかと思います。
iPodと連携できるかなーと思って聞いてみたんですが、これは単体で完結するのをコンセプトに開発されてるそうで、他の機器との連携はあまり考えていないようです。一応有線で音は聞けるってことでした。
無線LANはあるから、ノートに映像サーバーたててそこから配信なんかは出来そうですけど。

メディアは内蔵のフラッシュに格納するとの事で、モデルによって4Gまたは8G。それぞれ59800円/69800円らしいですが、正直ちょっと高いかなーと思います。なにげにH.264の再生が出来ないところも残念なところ。

PHPとかPerlなんかのWeb系開発はとんと知識がない私ですが、最近ようやっとLAMPやらLAPPなんて単語を覚えました。とりあえず使うとそれっぽい感じが出せるので便利ですな。

こんな略称がでてくるぐらい、Web開発といえばLinuxがメイン。WindowsのWebサーバーであるIIS用のPHPももちろんありますが、いまいち性能がでていなかったとか。
もちろんあの会社ですからただ手をこまねいているはずがなく、IIS7.0ではPHPを標準でサポートしなおかつ高速化もしているとか。PHP on IISという謳い文句で宣伝していて、LAMPに対抗してWindows,IIS,MySQL,PHPでWIMPという略称まで出してますが、

いやWIMPはないだろ
wimpを略称として推すとか、なんという自虐。 Windows,IIS,SQLServer,PHPでWISPってのもあるようですが、これまた微妙な意味ですね…

とたぶんネットの世界では遥か昔に語られた事でしょうけど、とりあえず今日知ったから書いておくっと。

アガツマ「アニメスタジオ」

ストップモーションアニメーションを手軽に作れるおもちゃが出るみたいですよ!撮影台とカメラがセットになっていて、撮った物はテレビにつなげてすぐ見れたりと、買ってすぐ遊べそうです。

小学校の頃、8ミリでストップモーションアニメーションを作ったんですが、現像しないといけないので、撮影してから実際に見るまでにかなり時間がかかるんですよね。当然の事ながら、失敗しているかどうかもそのときまでわからないし、間違っていたとしても直すのは一苦労。もちろん機械自体も高かったはず(学校で先生が手配してたので詳しい事は分かりませんけど)。

そんなのから比べるともう格段の進歩。さすが21世紀!ってなかんじがするおもちゃですねぇ。
本体には40枚しか保存できなくて再生も秒4コマということですが、まあこの辺は制限と思えば。小さなお友達が手軽に遊ぶ分には十分なんじゃないですかね。

それにSDカードもつかえるらしいので、大きなお友達はこっちに記録してPCで動画変換すれば制限はないのと一緒。がんばればピングーも作れそうですね!?
リボルテック【AA】やらFigmaみたいなアクションフィギュアと絡めると、面白いものが出来そうです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちデジタルカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはテクノロジーです。

次のカテゴリは日記です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a