ゲームの最近のブログ記事

東京ゲームショーに行ってきました。開場ついたのが遅かったのでそんなに見れませんでしたよ。

鉄鬼 とりあえず入口付近に四脚ロボとコスプレさんが。ゲームヤロウの鉄鬼というタイトルの宣伝みたいですね。

今日は業者日ですが、そこそこ混んでました。明日あさっての一般公開日は大変なことになりそうです。

ちまたで話題の2次元の彼女ができるゲーム。最初はさすがにそれはちょっとと思ってたんですが、あちこちで絶賛されていて、レビューを読んでいたらかなり興味がわいてきて気がついたら買ってましたよ。俺は人間をやめるぞ、ジョジョ!

ゲームは大きく分けて2種類、つきあうまでの友達パートと、つきあってからの恋人モード。とりあえず友達パートまでは終わったのでそこまでの感想です。

流通への脅威「PSP go」ダウンロード販売から見えるもの
という記事があったんですが、なんか突っ込みどころ満載に思えます。

しかし、一番の驚きはメディアを使わない配信のみのソフトコンテンツ供給方式です。任天堂が使い古された技術のリサイクルでソフトを核にした再生(リユニオン)を行おうとしたこととは逆の道をたどるような気がします。

任天堂ってそんなこと目指してましたっけ?直感的に操作できるハード及びソフトを用意することで、ゲームをやる人を増やしていくのは行っているかと思いますが、それとソフトのネット配信とはまったく関係ないですよね。
それに任天堂自身もWiiWareとかDSiWareっていうメディアを使わない配信のみのソフトコンテンツ供給方式をやってます。

かつて店舗は何でもありのワンダーランドであり、探す喜びにあふれたスポットでした。しかし、ネットなどの配信になると、どうでしょうか。個人レベルのネットなど対してのITスキルの有無は大きなハードルになりそうです。

実際の店舗とネットは形態がちがうのであまり比較する意味がないかと。ソニーの販売サイトがどうなるかはわかりませんが、一般的に検索性ではネットのほうが上ですね。掘り出し物に出会う可能性は実際の店舗のほうが高いかもしれませんけど、リコメンド機能である程度は補えるかもしれません。 ITスキルの有無はPSPgoを買う層ではほぼ問題にならないと思うんですが、どうですかね。

ダウンロード販売が、店舗を切り捨てるという“蛮行”につながらなければいいのですが……。このままではゲームそのものに対しても国有化? そして社会主義化が進むのではないかと懸念しています。

ダウンロード販売が次第に主流になるとはおもいますが、ダウンロード販売で先行している音楽分野でもまだCDは売られてますよね。まあそれはいいとしてダウンロード販売で社会主義になるというのがまったく理解不能です。 ソフトの流通をソニーが自在に管理できるようになるからってことなんでしょうかね?もしそうなったらみんなソニーから撤退して任天堂なりにいくだけかと思います。

Final Fantasy XIV(音出ます)が発表されましたなぁ。

11のときも9、10、11と発表してましたが、13がいつ発売するか怪しい時期にで14の発表とは、なかなか。以前発表されていたUnreal EngineつかってつくってるMMOってのがこれのことなんでしょうね。

トレイラーやスクリーンショットをみるかぎり、ヒューム、エルヴァーン、ガルカ、ミスラ、タルタルといったFFXIの時の種族はいるみたいで安心のような不安のような。

FFXIはログインしなくなって久しいですが、久々にいってみようかと思わせるぐらいのインパクトがこの発表にはありましたね。まあいまが一番面白い時期だとはおもいます。

というわけでだれか一緒にベータでもやりませんかね?いつになるか分かりませんが。

家庭用ゲーム人口600万人減、非利用者の4割「他に欲しい物ある」


いやはや、電車の中でDSやらPSPを見かける光景は普通になってきたというのに、人数は減少傾向?それでも3人に1人がやってるなんて娯楽はなかなかないと思います。

気になるのはこの調査結果

携帯型ゲーム機に求める複合機能では、「音楽再生」が32.5%で最も多く、以下は「インターネット接続」(28.5%)、「カメラ撮影」(24.9%)で続いた。


iPhone/touchに勝利フラグ?ってよく考えればDSもPSPも出来る事ですね。

家庭用ゲームをゲーム以外の活用先として期待する分野を複数回答で尋ねたところ、「医療・リハビリ」(52.6%)と「教育・学習」(51.2%)が過半数。

これは新TOEICテスト 英単語・熟語マスタリリー2000の勝利フラグ!
いやほんとにTOEIC受けてみようかと思ってたところなのでちょっとうれしい訳ですが。

いつの間にやらFF11も無料体験(注:音が出ます)が出来るようになってたんですなー。
正直、7000円出して試してもらうのはちょっとと思ってましたが、これならとりあえずやってみない?と言えますな

ってことでどうでしょうかね、みなさま

最近UIViewやらのCocoaTouchフレームワーク関連のクラス名の検索からのトラフィックが多いみたいで、iPhone用の開発をしている/興味を持ってる人が増えて来てるのかなーと思ってます。
iPhone向けの開発入門書とか今のタイミングで出せば、結構売れそうな予感。

そんななかあのスクウェアエニックスがiPod用にゲームを出すみたいじゃないですか!

スクエニ、iPod用「ソングサマナー 歌われぬ戦士の旋律」

しかしApple製品むけにスクエニがゲームを出すなんて、ちょっと前には考えられない事ですなぁ。ただこれはiPhone/touch向けじゃなくてiPod nano(第3世代)/iPod クラシック/iPod(第5世代)用なんですね。なぜこのタイミングで、という気がしないでもないです(2日後にはiPhone用のがリリースされたり?)

iPhoneはゲームマシンとしてもそれなりの性能をもっているようなんで、スクエニはじめゲームメーカーが面白いソフトを発売してくれることを期待してます。
一昔前ならパッドやボタンがないのがハンデになったかもしれませんが、DSのおかげでタッチインターフェースをどうゲームに生かすかというノウハウが蓄積されてるはずですので、現状ではそれほどの欠点とも思えません(まあ向いていないゲームがある事は確かでしょうけど)。
ボッタクリ感があるとはいえ、AppStoreに販売を任せられるというのも地味にいいのかもしれません。

ドラクエ、親子で夢中 悩みはファンの“高齢化”

親子3代で戦っていくドラクエV【AA】に引っ掛けたのかと思いましたが、そうでもなかったです。
1作目が発売されたのが22年前、社会現象になったIIIからも20年たってるわけで、III当時小4の人はいまや30歳。そりゃ高齢化もしますね。
しかしウルトラマンや仮面ライダーみたいに、世代を越えて人気を得ているキャラクターもいるわけで、記事をよむ限りドラクエもそのポジションを狙えそうな感じですね。

ただ記事中に気になる記述が…

Dolby、ゲーム向けボイスソリューション「Dolby Axon」を正式発表
ボイスチャットのソリューションみたいですが、すごそうですね。

ジオメトリデータからキャラクタの位置情報を常時拾って、話し相手との距離、方向から、音声データをミキシングし、正しい方向に音声を定位させる。相手が遠ざかれば次第に声が小さくなり、壁を挟むとストンと聞こえなくなる。

うひょー。いままでは「応援頼む」っていわれても「どこだ?」とマップなりを確認して位置を特定してたのが、これを使えば声のした方向に向かえば合流できちゃったりするわけですね。
声の大きさも反映するようなら、MMOなんかでshoutする場合は実際に叫ばないと遠くまで聞こえないというなんだかリアルなんだがマヌケなんだか分からないことになりそうですよ。
もっともMMOで使うには公衆チャットにボイスチャットを導入するかどうかはシステム的に微妙な感じですし(グループなりを組んだときには使えそうですが)、百人単位になると性能的にも現在は厳しそうですかね。

[「PS3の消費電力は冷蔵庫の5倍」調査結果]

これ元のデータをみると、電源をいれてシステムメニューを出している状態で測定してるみたいなんで、

ゲーム機の場合はそうではなく、しばしばスタンバイモードになることになる。
っていうのはかなりミスリードですね。。スタンバイモードっていったら、後ろの電源スイッチはオンだけどシステムは動いていない状態だと思うんですけど。 まあそれでもゲームをするとなると冷蔵庫5台分の電力が必要なわけで、それを思うとやっぱり電力食いかなぁ。
B000WZ3NY8PLAYSTATION 3(40GB) クリアブラック
ソニー・コンピュータエンタテインメント 2007-11-11

by G-Tools

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちゲームカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはiPodです。

次のカテゴリはテレビです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a