ゲーム: 2004年10月アーカイブ

| | コメント(6) | トラックバック(0)

コーエーが映画を製作するとか。ゲーム会社で映画製作とくるとファイナルファンタジーの大コケが思い出されてあれですが、スクウェアのゲームは映画をめざしてるっぽいので映画参入と聞いたときは納得できるところもあったんですが、コーエーのゲームはそうでもないので映画参入はちょっと以外。こちらは共同製作ぽいので平気かもですが。

ゲームだけではダメで、コンテンツ企業とならないとやっていけなくなったんでしょうかねぇ

薄い方やPSPのほうが注目あつめてるなか、HD+BB付きのモデルも値下げされてたりします。なんかほぼFF&信長専用機って気もしないでもないですが。

“PlayStation 2” BB Pack 「ミッドナイト・ブルー」

Nightmare Before Christmasはお気に入りの映画の一つです。日本公開から10周年ってことで今年に再上映もされてるようです。これを題材にしたゲームもでたので買ってみました。
映画の1年後を舞台にしたアクションゲームで、製作はカプコン。カプコンだけあってそつなくまとまっているんですが、一番簡単なEasyモードでも十分むずかしいような。あとゲームモードの切り替えでちょっと待たされる感じです。マップ表示するときにもひと呼おいて切り替わる感じで、迷ったときなんかにマップで確認する事が多かったのでもうちょっと早かったらなぁと思いました。
ボス戦ではゲージをためるとミュージカルバトルという音ゲーライクな操作に変わるんですが、まだ慣れていないせいか、すぐ終わっちゃいますorz。ちょっと音符のスクロールが速いような。慣れるとまた印象が変わってくるかもしれないですけど。
今のところファンなら買ってもいいかも、ってぐらいな印象です。途中でつまってるんでクリアしたらまた変わるかもしれませんが。

ニュータイプやPS(フェイズシフトではなくパーフェクトソルジャーのほう)は物語の中ぐらいにしか存在してないかなーと思ってる訳ですがこの記事をみるとまんざらありえない話でもないと思えてきます。「あたらなければ、どうという事はない」を実践してるし。
こっちの記事を見ると日本でプロゲーマーってのは難しそうな感じですね。実際「ゲームが上手なの?それで」ってのもありますし。プロゲーマーが出てくる事で儲かる仕組みを作れればまた違ってくるんでしょうけれど。ゲーム会社かハード会社あたりなら今でもスポンサーになる可能性がありそうですが。

あとなんとなくライブドアも

FFXIにはサーバが30ぐらいありますが、新しく始める場合どこに入るかはランダムです。同じサーバでやる場合はワールドパスってのが必要になりますんで、御用の際は連絡をくださいな。

このアーカイブについて

このページには、2004年10月以降に書かれたブログ記事のうちゲームカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはゲーム: 2004年9月です。

次のアーカイブはゲーム: 2004年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a