ゲーム: 2005年11月アーカイブ

女の子向けのムシキングなラブ and ベリー。夏前に見かけて、ムシキングにはあまり興味がわかなかったけれど、こっちはちょっとやってみたいと思いました。いまでこそムシキングがゲーセンにおいてあって大人もやってたりしますが、そのころは設置してある場所はデパートのおもちゃ売り場などがメイン。大人がやるにはちょっと覚悟完了しないと出来ない状況。音のこの向けのムシキングですらその状況なのでラブベリにいたっては…。ネットゲームにでもなればなーと思ってたりしました。
でこの記事
セガ、AC「オシャレ魔女 ラブ and ベリー」スペシャルイベント開催。小倉優子さんと行く「親娘オシャレ バスツアー」

また、秋バージョンのカード全て揃えたという参加者も。お父さんが毎日会社帰りに一生懸命プレイし、330枚を手に入れるも、「ポップンスイーツ」だけどうしても出ず、見かねた友人がくれたのだという。

うほ、パパ強し。でもスーツにネクタイ姿でやってる姿を想像するとちょっとほほえましかったり

ICOチームの新作です。
死んでしまった少女を助ける為、世界各地にいる巨像をすべて倒すのが目的です。巨像は文字通り巨大なので普通には倒せません。倒す為には巨像の弱点を探し出して攻撃しなくてはならないのですが、各巨像ごとに弱点を攻撃するまでの流れが異なり、攻略法を見つけることが必要となります。
このゲームの面白さはこの攻略法を見つけるまでの過程にあると思います。なので攻略サイトなんかで倒し方をしってから遊ぶと面白さが半減しちゃうかもしれません。攻略法がわからなくて、しばらく進展がないと簡単なヒントが表示されますので、詰まることはあまりないとは思います。
まあ最後の敵は攻略サイト見ちゃいましたけど…

ゲームとしては面白いんですが、ゲームから感じる世界観はICOにはかなわないってのがいまのとこの感想です。ICOだと城のいろんな場所に行くだけでも楽しいんですが、ワンダだとフィールドは巨像までの通過地点としか感じられなかったです。
まあ一緒にいるのがヨルダ(謎の美少女)じゃなくてアグロ(かっこいい馬)ってもかなり影響してそうですけど。

音楽はかなりいいです。通常はSEぐらいですが、巨像と戦闘状態になると最初は巨像をイメージさせる重めの曲が、こっちが有利になると勇壮な曲に変化して非常に盛り上がります。音楽CDの発売が決まっているからか、ゲーム内でBGM再生モードみたいなのはないのがちょっと残念
グラフィックもすごいですね。巨像が巻き上げる粉塵やら、巨像の毛皮?が綺麗です。ただLODがおかしいのか、地形でときどき急に形がかわったりするところもありますが。
残念なところは、突進系の敵にやられた場合、起き上がった時にまた突進されてはまる場合があるのと、馬にのるときの判定が厳しいのかなかなか乗れないことがあります。馬は飛びつき乗りを覚えたらましにはなりましたけどね。

エンディングをみるになんとなくICOと関連がありそうな感じを受けます。スモークマンみたいなのも出て来たりしますしね。スイカエンディングは今回はないと思います

ワンダと巨像 公式サイト

このアーカイブについて

このページには、2005年11月以降に書かれたブログ記事のうちゲームカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはゲーム: 2005年8月です。

次のアーカイブはゲーム: 2005年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a