iPod: 2009年2月アーカイブ

PSPやDSの強力なライバルは「次世代iPhone」

たしかにiPhone/Touch用のゲームにもなかなかいいのが出て来てるので、ゲームプラットフォームとしてもやっていけそうな予感はしてますね。DDRなんかはかなりいい出来ですし。

ただアップルがゲーム用の機能を強化するかどうかは正直微妙。「iPodは音楽を第一にする」ってなことをいいそうです。

それに、ゲームの品揃えという点で、App StoreはニンテンドーDSやPSPをすでに打ち負かしている。開設後3カ月の時点で、App Storeは1500本のゲームを提供している。PSPとニンテンドーDS向けのゲームタイトル数は、それぞれ約600本と300本にとどまる。

元記事のコメントでも指摘されてますが、この本数の比較はあまり意味がないかと。1500本のなかで携帯起用の商品レベルのものはそう多くはないはず。
ただ3ヶ月でそれだけのゲームがリリースされたという事は、それだけiPhoneに興味を持っている開発者が多く、また簡単にアプリケーションが作れることの証明にはなってると思います。
たとえば、ゲーム専用機としてのPSPの強みは、そのアプリケーション・プログラミング・インタフェース(API)が複雑なテクスチャーのロードに向いている点だが、iPhoneはこうしたタスクには性能が不十分だ。

3D APIはOpenGLESだった思うんですけど、それだと今イチなんですかねぇ?もしかしてGameSprocketの復活か!(ないない)

このアーカイブについて

このページには、2009年2月以降に書かれたブログ記事のうちiPodカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはiPod: 2008年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a