Mac: 2004年8月アーカイブ

QuickTimeで別フォーマットに書き出すとき、フォーマットによっては勝手にリサイズがかかっちゃう
ものがあったりします。アスペクト比が変換前と変換後で同じなら問題はないんですが、そうでな
いと画像が変形しちゃってちょっと困ります。
てなわけでアスペクトを保持する方法を考えなくてはならなくなりました。
要は元ムービーのアスペクトを変換後と同じにしてやればいいわけで、最初はSetMovieBoxでムービーのサイズを変えれば終わりかと思ったら一緒にビデオトラックのサイズもかわっちゃうらしいので
これはダメ。変換前のフレームに余白をつけようと思ったんですが、面倒そうなのと時間がかかりそ
うなのでパス。
と試行錯誤したあとダミーのビデオトラックを追加してこのトラックのサイズを変換後のアスペクトで
元ムービーを覆うサイズにしておけばいいと気づきました。
AddEmptyTrackToMovieで空トラック追加してSetTrackDimensionsでサイズを設定すれば終
わりでとても簡単。書き出したムービーもちゃんとアスペクト比保持されてます。
やーQuickTimeってすごいや


で終わったらよかったんですが…
なんかQTで書き出したAVIを変換元にするとうまく動かないです。何故??
他のフォーマットがたまたまうまくいってたのか、QTのAVIが悪いのか。ちゃんとフレーム毎に
リサイズしないとだめなのか…

QTEditorへの道は遠そうですよ

QuickTime APIってば なんか面倒くさそうというイメージがありました。Importer/Exporterとか
はラクチンなんですけど。でもこないだ触ってみたら

まったく簡単だ

思いのほか簡単じゃないですか。ホントにちょっとだけだったからまあこれから大変な事が
待ち構えているとはおもいますが。

とりあえずQTベースの編集ソフト作ってみるわ、ちょっとまちなー
って言ってみたいところですがそれはFinalCut Expressで事足りてる気がする。

このアーカイブについて

このページには、2004年8月以降に書かれたブログ記事のうちMacカテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブはMac: 2004年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a