Mac: 2005年8月アーカイブ

銀座、心斎橋、栄、渋谷と展開して来たApple Storeですが、いわゆる電気街はさけて設置されてますね。大阪と愛知のことはわかりませんけど、少なくとも東京の展開についてはそうです。これはもちろん戦略で、いわゆる「オシャレ」な場所に展開していっているのでしょう。
しかしこの戦略にあえて逆らって、ここに出店してもらいたいものです。
世界に名だたる電脳街であり、日本が誇るジャパニメーションをはじめとしたコンテンツが集まっている場所でもあります。また再開発も始まっており今後は企業が集まってくる事も予想され、さまざまな種類の人たちが集う地域になる可能性があります。
このような多様な種類の人達がいる場所に出店するのは、さまざまな人達にアピールする製品を持つAppleにとっても悪い事ではないかと思うんですけどね

まあ実現する事は億に一つもありそうにないですけどね。

ちょこちょこ情報がもれてきたようですが、開発者用のIntel Macには暗号化ハードウェアがついていて、これによってハードがApple製のものかどうかを判断できるようになってるみたいですね。暗号化ハードウェア自体はすでにあるものなので、それほどコストがあがる訳でもないだろうし、MacOSXをApple製ハードでしか動かせないようにするにはいい案なんじゃないでしょうか。
CPUが変わるのはユーザにしてみればそんなにたいした問題でもないのかなぁと思う今日この頃です。移行期間はゴタゴタするだろうし、開発者は大変だろうけれど。

とそこに気になる記事が。このASCII24のアンケートによると次に買いたいパソコンの2位にAppleが。
これを見て、一瞬なんでこんなに人気が高いのかと不思議に思いましたけど、しばらくして、ああMacOSXはPC互換機にはインストールできないけど、WindowsはIntelMacにインストールできるからWindowsマシンとしてのIntelMacはありなんだなぁと。昔からのMacユーザーとしてはIntel版MacOSXがでるから、自作マシンで動かしたいと思っちゃうわけです。けどメーカー製パソコンを買ってるユーザーからすれば、Windowsが動くApple製のマシンがでたって感じなんでしょうね。

製品版のIntelMacがどうなるかは分かりませんが、デュアルブート可能とかだったら結構Switchしちゃったり?

てかみんな発表の時からわかってたんだろうなぁ。自分頭かたすぎ(;つД`)

今日オープンのAppleStore Shibuya。MightyMouseを買いに行ってみました。行く途中のビルにiTMSの広告があったりとなんとなくAppleムードなシブヤです。で、店の前にきた訳ですが

このアーカイブについて

このページには、2005年8月以降に書かれたブログ記事のうちMacカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはMac: 2005年6月です。

次のアーカイブはMac: 2005年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a