漫画: 2008年1月アーカイブ

書いていたかと思ったら、ずっと書くのを忘れていたようで。 いやもう最終の10巻まで出ていますが、とりあえずは9巻。 1巻から出ているのに今ひとつ本編に絡んでこなかった黒崎先輩が、8巻辺りから絡んできてこの巻では彼にまつわる謎がひとまず決着する感じです。前の巻を読み直してみたんですけど、いろいろと伏線は張ってあるんですねー。 この巻で謎が解明されるのはもう一人、蒼のお姉さんの水橋藍。10巻でこの世界の成り立ちがわかったあとに読み返すと、ちょっと釈然としないところもありますけど。  

4253194494放課後保健室 9 (9) (プリンセスコミックス)
水城 せとな
秋田書店 2007-10-16

by G-Tools

以前から表紙は気になっていたけど買わなかったこの本を買ってみました。帯とか見ないで買ったので、四で初めて四コマ漫画だと気づく始末。
内容は常識人の主人公(小学四年女子)が奇本絵本作家かつオタクな兄を始めとする変な人達に振り回されるお話です。この手の4コマによくある、キャラクターのパワーで引っ張っていく感じですが、、登場人物のキャラ立ちがしっかりしていて面白かったです。
表紙カバーの下におまけマンガがあってちょっと得した感じです。

以下内輪ネタ

このアーカイブについて

このページには、2008年1月以降に書かれたブログ記事のうち漫画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは漫画: 2007年12月です。

次のアーカイブは漫画: 2008年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a