漫画: 2008年2月アーカイブ

やっとでたー。半年にいっぺんぐらいのペースで単行本がでるのでなかなか待ち遠しいです。

今回は丘歩子が活躍しまくりです。小悪魔的な行動でもって卜部と椿を翻弄しまくり(ついでで上野も)。この巻の主役です。
この巻は卜部が

「もしあなたが望むなら…直接自分の手で触ってもいいわ…」

と非常に次の展開が気になるところで終わってますが、月曜発売の月刊アフタヌーン4月号に続きが載っているみたいです。もうね、それじゃあアフタヌーン買うしかないでしょ。ちょっと卑怯な感じもしますが、商売上手ですね。

4063144909謎の彼女X 3 (3) (アフタヌーンKC)
植芝 理一
講談社 2008-02-22

by G-Tools

ほぼ1年半ぶりのガイバーです。しばらく出たのに気づきませんでしたよ。

この巻は盛りだくさん。
ストーリーはついにカブラールとの決着がつきます。止めのさし方はこれ以上ないぐらい燃える展開に。
クリーチャー的には赤いギガンティックことギガンティックXD(エクシード)、獣神将シンのバトルスタイル、アプトムの新形態オメガブラストがあらたに登場してます。
また前からちょくちょく出てきたギュオーの再登場、謎のゾアロード(ムラカミ?)の登場などこれからの展開を期待させる伏線も。しかしここにきてこんな伏線張って、果たして完結までどのくらいかかることやら…

4047150061強殖装甲ガイバー 25 (25) (角川コミックス・エース 37-25)
高屋 良樹
角川書店 2008-01

by G-Tools

本屋に行ったらまんがの達人という雑誌がおいてありました。よくある「毎週買っていくと完成するコレクション型の雑誌」のまんが版みたい。
創刊号は390円で、ついてくるのは4B鉛筆、ペンフォルダー、丸ペン、スプーンペン、黒インク、消しゴム。バラで買うのと大差ない値段かと思いますんで、これだけみるとお得なのかも。

ちなみに60号まで続くらしく2号以降は890円なので、全部買うと52900円ですね。この金額と全部そろう時間を考えると、普通のデッサン本買って、必要に応じて道具買いそろえる方がいい感じ。毎週刊行なので、その時々の最新情報をのせる事が可能という利点はありますけど。

これを発売しているところはアシェット・コレクションズ・ジャパンなのですが、ネットでみてたらデアゴスティーニが出してると思っている人が結構多いようで。コレクション本の分野でのデアゴスティーニのブランドイメージは抜群ですね。

残り戦闘回数もあと少し?になってきて、だんだんと結末に近づいてきた感じがします。今回の担当パイロットはアンコ(往住愛子)とカンジ(吉川寛治)。「ぼくらの」のパイロットは親子関係に問題を抱えているのが多い訳ですが、この巻の二人も例外ではないですね。
以下ネタばれあり。

遂に最終巻。真白の恋愛問題、保健室の授業がなんだったのか、卒業するとどうなるのかなどの、いままでの疑問点がすべて解決しての大団円。謎がわかったところであらためて1巻を読むと、最初のセリフが「そういうことだったのか」と納得できます。見事にだまされました。
保健室にのこったメンバーがどうなったかはいろいろと解釈のしかたがありそうですが、エピローグからすれば、順番が来たんだと思いたいところ。

しかし普通にエッチシーンがあって、いまどきの少女漫画はあなどれませんね。


4253194508放課後保健室 10 (10) (プリンセスコミックス)
水城 せとな
秋田書店 2008-01-16

by G-Tools

このアーカイブについて

このページには、2008年2月以降に書かれたブログ記事のうち漫画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは漫画: 2008年1月です。

次のアーカイブは漫画: 2008年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a