漫画: 2009年4月アーカイブ

発売は結構前ですが、書き忘れてたので。今回もひどい展開(褒め言葉)です。

今回のパイロットはマチ。が今回はウシロと一緒にこれまでのパイロットのその後を訪ねるのがメインです。
それぞれのパイロットの周囲の人たちの変化がわかりますが、中でも印象的だったのがナカマの母親。ナカマ編ではあんなにも気丈だっただけに、変わりようが衝撃でした。それだけ娘への愛情が深かったということがとれるエピソードです。
またチズの家族は表面上はおだやかな感じですが、その行動はものすごく熱いです。これまたあのおっとりした父親がここまでということを思うと、(チズのとった行動のことがあるにせよ)とてつもない出来事だったと改めて思わされます。

本編はマチとウシロの中学生日記(いや最後のセリフからするとうちの子に限って?)な感じで進行していきますが、最後までそんな展開で終わるほどこの作品は甘くないわけで…。いままでで一番ひどい決着のつきかたかも。

そして次のパイロットはウシロ。彼の椅子は戦闘機のコックピットなので次回の先頭は、世界の運命を背負った少年がコックピットに座って巨大ロボットを操り敵と戦う、というまるで巨大ロボットヒーローアニメのような光景が展開されることが期待されます。
まあワクみたいに必殺技を叫んだりはしないでしょうけど。


4091884350ぼくらの 10 (10) (IKKI COMIX)
鬼頭 莫宏
小学館 2009-01-30

by G-Tools

謎の彼女X
2ヶ月にわたり読者サービスおいしいです。単行本では修正(サービス的な意味で)されるかなぁ
でも今回は「諭すの?卜部さん」という感じで意外。早川さんも性格が悪いわけではなく変わっているだけでよかったよかった。


百舌谷さん逆上する
篠房六郎の仕事場は立川なのか。そしてComicStudio【AA】を使っているとは。しかしComicStudioってここまでの作品も作れちゃうんですなぁ。
話は百舌谷さんの生い立ちの続きですがちょっと不覚にも泣くほどいい話。番太郎は出番なし。


ラブやん
柱のあおり文句の「読者のごく一部のアナタと差がついちゃった、かな?」って、想定読者が幅広いですな。
天使長のうんうんって呼び方はさすがにあざといんじゃないかと思ったり思わなかったり。


友達100人できるかな
宇宙人がやる夫に見えてしょうがないです。
最初はどうなんだろうと思ってましたが、面白いかも。今後どう発展していくのか期待。


Acony
表紙とカラーページの広告と単行本表紙でかなり顔が違いますな。表紙のが一番好み


B001V8UOCE月刊 アフタヌーン 2009年 05月号 [雑誌]
講談社 2009-03-25

by G-Tools

このアーカイブについて

このページには、2009年4月以降に書かれたブログ記事のうち漫画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは漫画: 2009年3月です。

次のアーカイブは漫画: 2009年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    
Powered by Movable Type 4.01a