テクノロジー: 2007年2月アーカイブ

<歯の再生>マウスで成功 神経も、入れ歯代替に期待

再生医療はちゃくちゃくと進歩していってるんですなぁ。日本のチームが成功しているのも日本人としてはうれしいところです。ただこの方法は記事を見ると

胎児マウスの歯胚から両細胞を採取。それぞれの細胞に分離したうえ、寒天状のコラーゲンの中に重ねるように入れ培養したところ、高さ0.25ミリの「歯の種」ができた。これを拒絶反応を起こさない種類の大人のマウスの抜歯部に移植すると、約2カ月後には長さ4.4ミリに成長。歯の内部には血管と神経があることを確認した。

ということで、胎児が必要かつ拒絶反応をしないって前提条件があるんですね。そのまま人間に適用するわけにはいかなそうです。これを自分の細胞から出来るようになると移植がらみの問題がけっこう解決しそうなんですけどねぇ。

そのうち脳が再生できて記憶も移す事が出来るようになったりするんでしょうかね。

このアーカイブについて

このページには、2007年2月以降に書かれたブログ記事のうちテクノロジーカテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブはテクノロジー: 2007年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

テクノロジー: 2007年2月: 月別アーカイブ

    
Powered by Movable Type 4.01a