nak: 2004年11月アーカイブ

DQ8を買ったらおまけで「SQUARE ENIX DVD PRESS 2004 WINTER」なるゲーム映像が入ったDVDをつけてくれました。どこで買ってもついてきたのかなぁ?とりあえず興味のあるのをパパッとみてみました。

さて、ドラクエを買いに行くため電車にのっていたら、女子大生とおぼしき3人組が乗ってきました。3人ともきれいで整った感じで、雰囲気的には表参道とか自由が丘あたり。女3人いれば…のとおり、なにやら会話しはじめて、そこそこ大きな声で話しているので内容も聞こえてきます。

「ケータイ壊れちゃったからもってたらタダで新品に交換してくれたよ」
「へー、いいなぁ」
「買って1年未満だったからかな」
「あ、これもうすぐ1年、壊し時?」

ああ、販売店のおにーちゃん(想像)もそのぐらいのサービスはしたくなるでしょうな。

「ケータイからだとミルクカフェみれないからチェックできないのこまるね>_<」
「あ、ケータイからみれるよ。こないだホッシーがあたしのケータイでグーグル使って"ミルクカフェ 東大"で見つけてくれた。≧∇≦」
「あ、おしえて。ってケータイでもグーグル見れるんだ?」
「うん、なんかホッシーが人の携帯勝手につかってやってた^^だいじょぶぽよ」

ここ? よくわからんがホッシーすごいな。

「で、××ちゃんも2チャンネラーなの(;´Д`) ?」

ドラクエ8

| | コメント(1)

新宿ヨドバシに発売日の午後4時ごろいって買ってきました。売り切れてるかと思ったけれど、初期出荷がおおいのか、思ったほどうれてないのかは分かりませんが余裕でした。予約してる人の列としてない人の列は別々だったけど、両方とも同じぐらい並んでた感じです。
ちょっと気になったのが並んでる人の年齢層。20代から30代がほとんどで、小中学生が殆どいないんですよねぇ。まあ場所柄かもしれませんが。

ゲームのほうはまだ始まったばっかり。なんか始まりがいきなりすぎる気もしますが。操作はFF慣れしてるとオートランがないのがちょっとつらい。オートランしようとして視点がまわることが何回も。そのうちなれるんでしょうけどね。
久しぶりなんでとりあえず村の人にいわれるままレベル1で洞窟にいったら即効殺されました。あー、そういえばレベルあげて金かせいで武器防具そろえていくんだっけ、とか思い出しつつまったりとザコをころしてます。

いまレベル5、2人パーティのまま。先は長そうです

けっこう前のゲームだけれどお気に入りです。
まずはストーリー。北欧神話をベースにしているようですが、個人的にはそれはどうでもいいところなのです。でてくる登場人物がとりあえず不幸。主人公以外の仲間は死人ですし。真のエンディングだとなおさら悲しい展開に(いちおうハッピーエンディング?なんですが、そこにいく過程がね)。
次に戦闘。タイミングよく攻撃を出すとゲージがたまっていき、一定量をこえると必殺技モードに突入します。この必殺技のとき、技名を叫んでいるのが個人的に大好きです。必殺技を叫んで攻撃をくりだすと敵が吹き飛んでいくという80年代のマンガアニメにはよくある演出なんで、それで育った世代としてはけっこう感激物です。
続編がでないかなぁとも思っていますが、ストーリー的には続きをつくってほしくない感じですね。

公式ページ

次期MacOSXのTigerのベータが売られてますが、今ひとつ話題になってないような気がします。そっち方面の情報を仕入れてないのは多分にあるとは思いますが。Windows2000だかではベータを販売したら、ベータなのに金をとるとは!とかいうのをちらほら見た気がするんですけど、その手の記事もみかけないし。Tigerのほうはベータの販売というよりはSelect Memberになればベータつけるよって感じだからなんでしょうかねぇ

それはともかく謎のQTエディタ(名称募集中)やらGLの勉強をかねたゲームなんかの開発をするにあたって買おうかどうか悩み中だったり。Tigerで導入されるCoreVideoやらCoreImageにどうせなら対応してみたいってのがあるんですが、Appleのプレリリースソフトでドキュメントが整備されてた思い出がないので。うたい文句には「最新のドキュメントにアクセスできるぜ!」ってあるけど、アクセスしたのが白紙だったりするとガックリしちゃうしなぁ。

恋愛シミュレーションの先駆けのときメモが携帯でも動くようになるとは。FOMA901専用とはいえ、性能の向上はすごいものがありますな。
でも電車の中とかでは「みんなに噂されると、はずかしいし」とても出来ないとおもうんですが。

北米の発売初日で240万本販売したらしいですね。もとはMacのゲームデベロッパーだったのを知ってると、嬉しいような悲しいような。前作も500万本うれてるらしいんで、もはやHaloのBungieですなぁ。

500万ってXBoxユーザー数を考えるとものすごい数ですね。ファミコン初期におけるスーパーマリオよりも売れてるんじゃ?

テーマカフェ

| | コメント(4)

コスプレ喫茶はけっこうできているものの、なんだか違うってのはTaka-logueでも語られてる通り。最初は店員がコスプレしてるだけで話題を集めるのが可能だったけれども、店が増えてそれプラスアルファが必要な段階にはいったということなんでしょうか。で、コスプレ喫茶の次の段階としてテーマカフェってのはどうだろうかというお話です。
テーマカフェってのは店員がコスプレしているだけじゃなくディズニーランドのように店自体を売り物にしてしまおうということ。森永卓郎によれば来店時に「おかえりなさい、ご主人様」と迎えてくれるところがあるみたいですが、これを徹底して店の内装やらもおなじコンセプトでつくりあげた感じで。具体的にはいわしの言う執事がいるとこややtakamaruのインテリアはヴィクトリア朝でってところですかね。
メイドをテーマにして話を進めてますけど、当然それ以外のテーマでも展開することが可能でしょうし、むしろそっちのほうが現実性があるかもしれません。例えば、

1.アリスカフェ
不思議の国のアリスがテーマ。ディズニーともかぶるような気もしますが、細かい事は気にしない。インテリアは19世紀イギリスを基本にチェシャ猫やトランプ兵などのアリスっぽいものでまとめる感じで。いまのメイド喫茶をアリスというテーマにそわせたという方がいいのかも

2.ドラクエカフェ
日本が誇るゲーム産業から。ゲーム業界だとこの手の店の展開がうまいのはナムコなんでしょうけれど、今ひとつカフェ向きのコンテンツがなかったようなので。
店内はルイーダの酒場がモチーフかな。スライムなんかのコスプレして接客するのが不可なのが問題かも。

3.ガンダムカフェ
日本が誇るアニメ産業から。女性客が少なそうな気もしますがSeedの要素もいれれば何とかなるんじゃないでしょうか。店内にモニターを置いて随時キャラクターからの通信がはいったりするといいかもしれませんな。

まあどれにしても採算とるのは難しそうな気もしますけれど、集客力のあるコンテンツをテーマにしたカフェってのはいけそうな気がするのです。

ぶっちゃっけ行ってみたいからどっか作ってYo。

Canp

| | コメント(3)

プリクラは一時期の勢いはなくなったと思いますが、もはやあって当たり前みたいなものになってる感じですね。代わりになるサービスが登場するまではこのままいくのかなぁとも。
そんな中、写メにラクガキできて、さらにそれをネット上の日記帳で公開できるサービスがあるようです、ラクガキはいまのところWinのみ見たいですが。サービスを行っているのは業務用プリクラ最大手なだけあって、必要な機能はちゃんと押さえてますね。主なターゲットは女子中、高生なんでしょうけれど、外でのプリクラは抵抗ある人もやりやすいかもしれませんね

e-sports

| | コメント(0)

前に書いたゲーマーのプロ化。日本じゃ無理かなーと思っていたらちゃんと考えているところもあるようです。もっともプロゲーマーが第一目的ではなく、e-Sportsというゲームをスポーツとして楽しむ文化をつくりたいというスタンスみたいです。そのために実現するべきことが何個か書いてあり、そのうちの一つとしてゲームカフェみたいなものを展開していきたいというのがあります。
これは正直どうかなぁというのがいまのところの意見。それというのもその昔BATTLETECHというオンラインロボット対戦ゲームをサービスしてくれるところがあり、アメリカではそれなりの成功していたみたいですが、日本ではいつのまにか消滅していました。コンテンツの出来が今ひとつという気もしないでもなかったですが、スタッフはゲームを理解していて強いプレイヤーもいて(いや初心者じゃ太刀打ちできないぐらいに錬度が重要でした)、立地は道玄坂の上、宣伝はそれほどしない、内装もこってる訳ではないなど記事にある必要な物、必要でない物のラインはそこそこクリアしているように思えました。記事はナムコが現在サービスしているオンラインゲーム用の店舗のマネージャーの講演なので、そこの状況はBATTLETECHとは全く違っているのかもしれませんが。

記事の中の成功に必要なもの、必要でないものをもっと満たしているものとしてゲームセンターが上げられそうなんですけれど、そっちはどうなんでしょうかね?単一のコンテントってことにはなりませんが、バーチャやプリクラ(これは中が違うしオンラインに発展するのか微妙ですが)は余裕で1年はもってる気がするんですけどね。