nak: 2006年2月アーカイブ

nanoやshuffleを装着できるヘッドセット、mTunes。ヘッドセットというボディ部分にnanoというコントロールユニットを装着するというギミックが、なんかどっかで聞いたことがあるような…、と前々からおもっていたのですが

変身ベルトだ!

最近のヒーローはケータイで変身したりもしてますし、そろそろデジタルオーディオプレーヤーで変身するのが出て来てもおかしくはないはず。「小学生女児のデジタルオーディオプレーヤー所持率の上昇が著しい」とのことなので、ターゲット層の認知度も悪くないはず。変身アイテムとしてはヘッドセットよりもベルトのほうがいいわけなので、どっかiPodをバックルに装着できるベルトをつくってくれませんかねぇ。
そんでもって「One more thing」っていってジョブズが変身ポーズとりながら紹介してくれると最高なんですが

さてバレンタインも終わり、今度はホワイトデー。バレンタインに続きアップルストアではギフトガイドをやってる模様。バレンタインにはすばらしい文章を披露してくれたのでちょっと期待しつつ覗いてみることに

チョコレートありがとう!

工工エエェェ(´Д`)ェェエエ工工
素っ気なさ過ぎ

いや待てよ。バレンタインの彼女はiPodを送ったはずだから、これはあのシチュエーションの続きではなく、純粋にチョコのお返しにiPod 30GBをどうぞって提案なわけですね。3倍返しにはなってそうです。
もう一歩すすんでいっそのことshuffle型やnano型のケースにはいったクッキーとか販売しちゃったらどうですかね?義理チョコならぬ義理ポッド。どうですかね?

顔をあらゆる角度から、同時に撮影できる「多視点画像解析システム」を開発

同時に20視点から自分の顔を撮影して、見え方やメイクの状態を調べられる装置のようです。3面鏡なんかだと左右を見る時に視線がうごくので、正面を向いている横顔を見る為には写真とるしかないわけで、それを同時に出来るようにしたものみたいですね。光源もコントロールできるので朝昼晩でどんな風に見えるのか、とかメイクをかえたときの様子を解析できるのも売りの一つっぽいですね。

とまあ、目的はメイクの仕上がりの調査といった柔らかい感じなんですが、

撮影風景はかなりサイバーです

高級ライダーベルトに問い合わせ殺到

自分もおばあちゃんに「V3変身ベルト(リンク先は再販物)」を買ってもらって、大喜びで変身ごっこにいそしんでいました。光る!回る!といったギミックもいまとなっては当たり前ですが、当時はテレビと同じ動きをするってので感動していた覚えがおぼろげにあります。

少子化の影響か、最近はやってるのは30-40代をターゲットとしたしてるものが結構あって、この変身ベルトもその一つだと思うのですが、この記事を読む限りではかなり売れそうな雰囲気ですね。ただ買う側のコメントが

横浜市の会社員(38)は「無理してでも買いたい。妻に内証でローンを組もうと思っている」と真剣そのもの。
と、一ヶ月の小遣いの全額とほぼ同額なので、ローンをってのもわかりますが…。いや確かに真剣さは伝わりますよね。
「ベルトが欲しかった子供時代の夢の実現と、心の中の変身願望が買いたいという気持ちにさせる。仕事や日常生活ではなかなかヒーローになれないが、ベルトを着ければ一瞬でも気分はヒーロー」と目を輝かせる。
こっちはちょっと悲しくなるようなコメントが。ヒーローは無理でもおやっさんぐらいは目指したいところです。

陸域観測技術衛星「だいち」搭載パンクロマチック立体視センサ(PRISM)の取得画像について

Google Earthなんかで衛星画像はけっこう身近になってきていますが、「だいち」は3方向から画像を取得することが可能なんですね。それらの画像を処理するとこんな画像が。この俯瞰画像、平面図から計算で作成したとはおもえないほど精密で、ちょっと感動です。今は無理でしょうけどGoogle Earthでリアルタイムに生成できたら面白そうですね。

ガイアックス、新作オンラインゲーム5タイトルを発表。ポータルサイト「ムポー」も3月3日正式オープン

この記事のなかの「とぅいんくる」の説明中に

僕は仕事中、mixiばっかり見ていて、そういうノリでポップにできるゲームがなかったので、手軽に、仕事の合間にできるようなゲームを作ろうと思いました。

とあるわけですが…。COOがmixiみまくってる会社はどうなのよ?もしかして仕事は片手間でもバリバリこなせちゃう人なんでしょうか。まあうまくいってるならば、文句つけるもんでもないというか羨ましい限り。

この写真の小林さんは「かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんに並ぶ運命なのね」って感じの目でいいですね。え、そうでもない?

有限会社リヴィールラボラトリ

電車の中でふと広告をみると、季節柄か和菓子の広告が。混んでいて全体はよく見えないけれど、「萌寺」というみたい
「萌寺」と書いてあるみたい、しかも達筆で

「はぁ、こんなところまで萌え市場が」と思っていたら、駅について車内が空いて広告全体を見ることが出来ました。

産総研:プレスリリース 空中に浮かび上がる3次元(3D)映像

もうこれでこそ21世紀!てな感じの装置ですよ。いままでの立体映像が視差を利用して目の錯覚を利用していたのに比べて、これは本当に空間中に表示してるみたいですね。写真を見るとなんだか不思議な感覚にとらわれます。

立体空間上にドットを描画できるってことなのでこの技術を応用すれば、もしかしてライトセーバーの柄をもって刃の部分はこの技術で発光させるとかも可能になっちゃたりするんでしょうかねぇ